あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

十四日に福島第一原発四号基で再臨界爆発があったのではないか?!

 福島第一原発のライブカメラによりますと、十四日の午前零時から一時にかけて再臨界爆発があったのではないかと思わせる映像が映されています。http://www.twitmunin.com/v/280278/20110614-00:00-01:00--福島原発ライブカメラ-(Live-Fukushima-Nuclear-Plant-Cam)/

 しかも、四号基だけ燃料保管用プールの温度が表示されなくなっているようです。未確認情報ですが、四号基の燃料プールについての新しい情報をお持ちの方はお知らせ下さい。
by antsuan | 2011-06-14 22:26 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/13786173
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HOOP at 2011-06-14 22:31
4号機プールは胡椒のため、マニュアル測定になっています。
今朝6時に発表されたデータは昨夜の9時頃のデータでした。
タイムラプスの画像でしかも夜間。
映像からは何も判断すべき材料はありません。
Commented by antsuan at 2011-06-14 22:43
・故障って温度計がでしょうか? マニュアルにしてももうそろそろ測定値が発表されてもおかしくないはず。
確かに画像は時間を短縮しているようですが、一コマの画像としても何かありそうに写っています。
四号基の燃料棒が破損していない訳はないといっていいはずです。燃料プールの底が抜けないことを祈ります。

しかし変な言い方ですが、再臨界があったら菅直人はもはや首相のイスに座っていることは出来ないでしょう。
Commented by rei-1 at 2011-06-15 18:54 x
茨城県が海水浴場安全宣言www 大胆かつ時期尚早すぎ。映像は尻切れが残念。煙が収まるまで確認したいところ。
Commented by antsuan at 2011-06-15 19:16
・rei-1さん、この映像は一時間をあれだけに短縮したのですから、あの煙は単に驟雨だったのかも知れませんが、プールの温度が公表されていないのは非常に怪しいですね。
ようやく市町村レベルでは個人に線量計を配ることを決断しました。
これからの日本は放射能汚染環境衛生学の研究と進展が望まれます。