あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

梅雨空の海

d0001610_7583237.jpg

d0001610_7583614.jpg

 大震災の翌日に痛めた右膝も、温かくなって痛みが和らいできたので、朝の散歩を復活しました。

 雲はただの水蒸気の塊でしかありませんが、この水蒸気のお陰で陸の生物も生きて行けるのです。向こうの山々を眺めると、富士山は雲が切れて、朝の力強い陽射しが差しているのが伺い知れます。

 水蒸気と放射線のエネルギーこそが、生物を繁殖に導く基本要素なのです。未来においてもこの要素は欠くことの出来ないものでありましょう。しかし、その取扱いを間違えてしまうと、生物は繁殖どころか絶滅する可能性すらあります。

 と、まあ、仰々しいことは考えずに、梅雨寒の今日のような陽気ですと、ついつい知らず知らずのうちに膝を擦ってしまうのでした。
by antsuan | 2011-05-31 07:59 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Comments(0)