あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

国会議員に言いたい。菅直人を官邸から追いだし、さっさと犯罪者として捕まえるべきではないか。

菅首相視察前、官邸に予測図=放射性物質の流れ確認? 
時事通信 5月19日(木)22時16分配信
 東京電力福島第1原発事故の発生直後の3月12日未明、放射性物質が原発の海側に向かうことを示す「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム」(SPEEDI)の予測図が首相官邸に届けられていたことが19日、分かった。民主党の川内博史衆院科学技術特別委員長や政府関係者が明らかにした。
 川内氏らによると、予測図は3月12日午前1時12分、経済産業省原子力安全・保安院からファクスで送信された。第1原発1号機で格納容器の蒸気を外部に放出する「ベント」を行った場合、同3時から同6時までの間、放射性物質が全て海に向かうことを示す内容だった。
 3月12日朝に首相は第1原発を視察。SPEEDIの予測図は住民には長く公表されなかったものの、首相の視察前に放射性物質の流れを知るため利用されたのではないかとの疑念の声もある。川内氏は「首相はSPEEDIを自分のために使い、住民のためには使わなかったのではないか」と話している。
 

 地下鉄サリン事件を忘れてはいないだろう。サリンという毒ガスを使った、暴力というか凶行というか、無差別殺人事件であった。当然、実行者及び首謀者は犯罪者として捕らえられ裁判にかけられた。

 そして、今は福島第一原子力発電所からサリンよりもはるかに強毒なプルトニウムやウランを海に空に撒き散らしている。これは事故であり犯罪ではないと当事者は云うかも知れない。しかしその危険を放置し、なおかつ拡散を隠ぺいした行為は紛れもなく犯罪である。

 我が国は核テロ防止条約を締結し、核テロ防止法を定めた法治国家なのである。当然、その法律を犯したものは犯罪者として裁かれねばならない。

 すなわち、福島第一原発の事故により、放射性物質が大気中および海洋に拡散される危険を放置し隠ぺいし続けた菅直人は国際的にも堂々たる犯罪者なのだ。もし日本国民がこの菅直人を官邸から追いださないのならば、日本そのものが犯罪国家としてのレッテルを貼られることであろう。そして、我々日本人は放射能汚染の被害者であると同時に諸外国からは犯罪者として見られるのである。

 国会議員たちに言いたい。菅直人は毒ガスのサリンを上回る何億人もの人間を死に追いやることの出来るプルトニウムやウランの拡散を放置した犯罪者なのだ。さっさと官邸から追い出して捕まえるべきではないか。
by antsuan | 2011-05-20 12:16 | 政治・経済 | Comments(6)
Commented by saheizi-inokori at 2011-05-20 16:48
捕まえなくても追い出したい!ホントに腹が立つ。
Commented by antsuan at 2011-05-20 17:05
・外圧を使って辞めさせるっていう手がありそうだけど、自浄努力で追い出すことが出来なければ、日本は本当にお終いのような気がするんです。
Commented by nakanokeiichi at 2011-05-21 06:47
枝野官房長官はご家族をシンガポールに避難させたという噂がネットで・・すから  
Commented by antsuan at 2011-05-22 17:32
・疑惑だらけの内閣を容認する国会議員って、nakanokeiichiさん、つまりは同類と扱われることに気がついていないのでしょうか。
Commented at 2011-05-23 08:28
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by antsuan at 2011-05-23 09:47
・鍵コメさん、
有り難うございます。
本日は残務処理が溜まっているので、東京に行くことが出来ません。
後ほど御報告を宜しくお願いします。