あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

人災に対する「危機意識」を消失した原因は他力本願の似非平和憲法にある。

 日本人の心から「正義感」と「危機感」を消し去ったものこそが、福島第一原発の大人災を引き起こした陰の犯人であります。その名は平和憲法。またの名を他力本願憲法と云います。
d0001610_23141499.jpg

 我々日本人は太古の昔から自然の驚異に対して謙虚な民族でした。それは今なお八百万の神々を信じ、天照大神を崇める神道を守り続けていることからも明らかです。

 しかし先の敗戦によって、子孫に伝え続けてきた宗教的謙虚さを否定され、教育勅語は抹殺されて、自然をも支配する一神教の思想を組み込んだ憲法を制定させられたことにより、人間の傲慢さを正当化してしまったのです。

 日本人はこの未曾有の大震災の復興を誓う前に、まず似非平和憲法を改正し、自然に対する「危機感」と人災に対する「正義感」をもう一度会得する必要があります。
by antsuan | 2011-04-10 23:15 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/13355245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Emitan at 2011-04-11 06:46 x
一度途絶えた文化:それを知って居る世代が死に絶えた時:それは再建出来るでしょうか?DNAに残って居る事を願います。北朝鮮と密着した社会党:何処でも失敗して居る共産党それが存在していられる日本・・・・・男尊女卑:此れも遠い昔:30歳未満の男女の所得は女性が大きい:結婚する気に成れないでしょう?子造りする気力は生まれない!即ち子孫は衰途:どしたら良いのでしょうか?
Commented by antsuan at 2011-04-11 11:05
・Emitanさん、戦争を知っている世代が長生きされることを祈りましょう。
Commented by sweetmitsuki at 2011-04-11 20:16
教育勅語と大日本帝国憲法を尊守していた戦前の日本人は関東大震災の時、根も葉もないデマを信じて社会主義者らを虐殺して回りましたよ。
そういった一連の混乱が、勝つ見込みの全くない大東亜戦争に突入した遠因なのではと私は思っています。
私の祖父は戦争で男親を亡くし住む家を焼かれ親戚の家をたらい回しにされ惨めな思いをした経験があるので、血縁でもない被災者のために全国から多額の義援金が集まる今の日本を、まるで別の国のようだと言っています。
これは私の祖父だけが例外なのでしょうか?
本当に戦前の日本人は今の私たちより立派だったのでしょうか。
Commented by antsuan at 2011-04-11 21:02
・mitsukiさん、しっかりした危機感を持っていた祖先はいまの私たちよりはるかに立派だったと言っていいのではないでしょうか。

>勝つ見込みの全くない大東亜戦争
それは結果論でしかありません。日露戦争の方がはるかに勝つ見込みのない戦いでした。外務省が内輪もめなどせずに団結して交渉していれば、シンガポールを陥落させた時に停戦の可能性は充分にあったと云われています。また、ミッドウェー海戦で勝利していたらもっと有利な停戦が実現したことでしょう。
Commented by junko at 2011-04-12 02:12 x
Ciao antsuan
パンドラの箱を開けた時から、人間の不幸が始まったと言われてるけど、それは欲がそっから飛び出してきたから
欲ほど それも私欲ほど恐ろしいものはないと思います
其の野獣を制御できないと、正義感も危機感も絵に書いた団子です
Commented by sweetmitsuki at 2011-04-12 05:49
ちょっと待って下さいよ。
朝鮮人が井戸に毒を入れたというデマを信じて自警団を組織し、吃音のある人まで虐殺して回るのが危機感のある人のやる事なんですか?
私の祖父だけじゃなく「ガラスのうさぎ」ですとか「火垂るの墓」ですとか「はだしのゲン」ですとか戦争ですべてを失い、誰からも救いの手を差し伸べられず惨めな思いをした人の自叙伝は幾らでもあります。
あれらは全部ウソなんですか?
Commented by antsuan at 2011-04-12 06:47
・junkoさん、良いことを言って下さいました。
その野獣を制御する手段が正義感であり危機感なのです。

そのことに目覚めない限り、日本は滅びます。
Commented by antsuan at 2011-04-12 06:47
・他民族による侵略の危機感を持たなかったタスマニア島の民族は綺麗さっぱり抹殺されてしまいました。
アメリカ原住民が白人の頭の皮を剥いだのは、白人に侵略され虐殺の憂き目に遭ったからですよ。
朝鮮や支那大陸では、馬賊や部族らがたがいに語るも恐ろしい虐殺をし合っていました。だからこそ『生きて虜囚の恥ずかしむを受ける事なかれ』という言葉を日清戦争において陸軍は発したのです。
mitsukiさんもご存知のように、白人からの侵略を防ぐために団結したのが明治維新じゃないですか。

junkoさんのコメントに回答したごとく、アメリカの謀略により、日本の伝統的な正義感、危機感が欲の塊の悪であったのだと、戦後の日本人は巧妙に刷り込まれてきたのです。mitsukiさんはそのことにとっくに目覚めていると思っていましたが、、