あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

内閣が居座るための復興本部と、官僚が吸う甘い蜜の復興庁で、国民の革命意識は盛り上がるでしょう。

 国民の皆さん、もうそろそろ怒りを爆発させませんか。人の不幸を食い物にする性根の腐った連中に鉄槌を食らわせませんか。

 少なくとも、選挙で民主党に投票するのは止めましょう。北アフリカでジャスミン革命が起きたように、我が国でもほうれん草革命を起こして、菅内閣の全閣僚に福島第一原発の水汲みをさせましょう。せっかく作業服を着ていらっしゃるのですから。

全閣僚参加の復興本部設置へ…傘下に復興庁新設
2011年3月30日(水)3時14分配信 読売新聞 

 政府は29日、東日本巨大地震被災の復興事業を総括する新組織として、菅首相を本部長とし、全閣僚が参加する「東北地方太平洋沖地震被災地復興本部」(仮称)を設置する方針を固めた。

 省庁横断の機動的な対応をする狙いがあり、関係法案を今国会に提出する。担当閣僚として「復興相」を置き、仙谷由人官房副長官か松本防災相を起用する方向で調整している。

 また、復興本部の傘下で事務局機能を担う「復興庁」(同)の新設も検討している。各省庁から担当者を集め、内閣府内に置く方向だ。東北地方出身の学識経験者らによる有識者委員会も設け、意見を聞く方針だ。

by antsuan | 2011-03-30 08:01 | 政治・経済 | Comments(0)