あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

菅直人は歴代の中で最も卑しい総理大臣である。

 やれ人権だ、労働者の権利だなどと平和ボケしていた日本に、未曾有の天災と危惧していた大人災が、とうとう襲いかかって来てしまいました。

 しかし、これで先の大東亜戦争のA級戦犯たちは、靖国の杜でゆっくり眠れることでしょう。福島第一原発の事故は、そういい切れるほどの、政治の腐敗が招いた世界的人災なのです。

 ところが、政治腐敗の帰結であることに気が付かない人々が、非常時であるからといって挙国一致内閣の発足を提唱しています。それはとんでもないことです。国会を無視して官僚たちが好き勝手に行動して良いと云うに等しい亡国的発想です。官僚たちが高笑いすることでしょう。

 先の大戦の失敗は、大政翼賛会なる、国会機能を官僚化した、挙国一致体制をつくってしまったことにあるのです。おまけに、社会の木鐸になるべきマスメディアもそこに参加し、国民に真実を知らしむことなく、地獄へまっしぐらに突き進んだのでした。

 幸いにして、現代はインターネットメディアがその腐敗したカルテル、つまり挙国一致体制に目を光らせています。この新しい報道体系は、北アフリカ諸国の独裁体制を崩壊させた力を持っていますので、その力を政治権力によってそがれる前に、国民は行動を起こさねばなりません。

 つまり、この平和ボケの原因となった危機管理に対応出来ない不完全な憲法を停止し、国民主導の行政組織を作るべく、一年限りの危機管理内閣を発足させるべきなのです。

 もう一度いいます。福島第一原発の大事故は、他力本願の憲法をそのままにしておいた人災なのです。

 この大人災の直接の責任は、総理大臣の座にしがみつく事しか考えていない、歴代の中で最も卑しい菅直人総理大臣にありますが、その次の責任は、憲法改正を怠った国家にあると云えます。

 俯瞰的に見て、もののあわれを理解して来た我が国は、昔ながらの文化国家に立ち戻れるかの分水嶺に来ているのではないでしょうか。
by antsuan | 2011-03-29 18:17 | 政治・経済 | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/13268474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from アマがえる GOO at 2011-04-16 18:37
タイトル : 何も出来なかった政府に語る資格はない
この間ラジオをつけるとDJが鬼畜、鬼畜と連呼していたので驚きました。 何かと思って聞いてみると、東北の津波被害の後、なぎ倒されたATMから現金を盗んだ男がいたので、その人のことを評していたのです。 私は何か煮え切らないものを感じながらその言を聞いてい...... more
Commented by もやこ at 2011-03-30 00:33 x
憲法改正をことごとく邪魔した左翼連中。
なんでも反対する左翼連中。
ばら撒き続ける左翼連中。
原発反対、ダム反対、じゃあどうするんでしょ(笑)
対案を示してほしいものです。
無責任な発言して自己陶酔してるだけなんですよね。

そんな左翼政権、お仲間の隣国
韓国から汚染された水。
中国から毒野菜を輸入するようです。
Commented by antsuan at 2011-03-30 05:45
・自主立国を基本にしていれば、石油に依存した結果戦争に走った反省がきちっと出来ていたはずです。今回は、電力に依存してしまった結果の人災です。
個人自立、地方自治体、自主立国。"他力本願"の見直しは待ったなしですね。