あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

自家用車を利用して『車庫発電所』を作ろうじゃありませんか。

 自動車は走るためにあるのですが、考えてみると、動輪に発電機を連結させれば、かなり強力な自家発電装置に早変わりすると思います。

 この車庫発電所はそれほど費用はかからないと思います。少なくとも、宿泊施設のあるところへ補助金を出して設置させては如何でしょうか。
by antsuan | 2011-03-26 13:15 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/13244700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nakanokeiichi at 2011-03-26 13:30
日本人は追い込まれると アイデアがあふれてきますね・  出来たらファンベルトに発電機が付けられる効率が良いかも
Commented by antsuan at 2011-03-26 13:34
・計画停電なんてクソくらえーっ!
やっぱり、怒りがアイデアの元になるようです。(苦笑)
そういうのは技術屋の考えそうなこと。家庭の主婦でも利用出来るようにするのが、普及のコツです。
Commented by anthonberg at 2011-03-26 18:59
案だけでは世の中変化しないので実践して欲しいです!!原子力反対と言っている人達が原子力に頼らず電気を作って生活が出来ると証明して欲しいものです…。

そんな私は電力会社一家の一人。電気を使ってる一人として賛成も反対も出来ません。(^^;;;
Commented by antsuan at 2011-03-26 21:14
・anthonbergさん、誤解のないように申し上げますが、私は原子力の平和利用は大賛成です。たとえば原子力船の普及などです。
次に電力の自由化も必要だと思っています。大電力会社が市場を独占していたからこそ、原発事故や計画停電騒ぎになったのだと考えています。

以上を踏まえると、自家用車が各家庭に普及したのが二十世紀ならば、二十一世紀は自家発電所が普及する時代になるに違いありません。
電力関係の技術者はこれから引っ張りだこになりますぞ。家を買って吉。(笑)
Commented by mimizu-1001 at 2011-03-26 21:38
僕もなかのさんと同じ方法を思いました。

車検場にあるローラーね、あれなら家庭の主婦でも使えるかもしれませんね。
ローラーの上に駆動輪乗せればいいだけだから。
Commented by Emitan at 2011-03-26 23:00 x
私が持っているディーゼル発電機は3相200Vと100Vが取れます。発電量は7kWです。(多分エアコン数台廻せます)中古で7万円で買いました。ハウジングを自作したので、その材料代は結構掛かりましけどね。処が問題です。ブレーカーの手前に常時接続して置きたかったのですが、法律的にか、違法だそうです。(多分停電が復旧した時ショートする危険性があるからだろう)だからコードリールで持って来て、各器具に接続しなきゃいけないそうです。未だに不満です。だったら自動自家発電装置はどう成って居るのでしょうね?それからガソリン車で発電するよりディーゼル発電の方が安価だと思います。今は入手困難かも知れませんが、通常は中古ならそんなに高価でなくてもディーゼル発電機はネットで買えますよ。
Commented by antsuan at 2011-03-26 23:32
・みみずすましさん、私も車検場にあるあのローラーを想定しているのですが、ちと大きすぎますよね。でもあのドラムの中に発電機を組み込めばかえって場所を取らなくて好いかも知れませんね。でも、大容量の電池を積んだ電気自動車が普及すれば、車からインバーターを介して交流電源を取る時代になるかも。いやいや、家の電気も十二ボルト仕様になるかも。

 いずれにしても、二十一世紀は自家発電の時代になること間違いなし。で、みみずすましさんのところは時代を先取りしているんですね。
Commented by antsuan at 2011-03-26 23:32
・売電装置はブレーカーの手前で切り替えるのじゃないかと思います。Emitanさんは何でも用意周到ですね。
Commented by junko at 2011-03-27 02:37 x
Ciao antsuan
わははは、いいかもー
それならさ、あのタピルラン(ごめん日本語でなんと呼ぶのかわからないの)ジムとかにあるベルトの上に乗って人間が歩く奴
あれもそれに生かせない??
Commented by antsuan at 2011-03-27 09:06
・junkoさん、考えてみれば、発電器になりそうなものっていろいろ身近にありますよね。こういう時にこそ発想の転換が必要なんだと思いますよ。
フィルムバッジだって、放射線に従事する人だけでなく、普通の人たちにも配って測定してあげれば、不安は殆ど解消されると思いますし。
ただ壊れた原子炉は早く何とか安全なものにしないと話が先に進みませんね。
Commented by sweetmitsuki at 2011-03-27 12:46
自動車よりボイラーのほうがより高出力なんじゃないでしょうか。
それなりの建物なら給湯や暖房を目的としてボイラーを備えてますが、あれに発電設備をつなげれば向こう三軒両隣に供給出来るくらいの電力は確保出来る筈です。
いままでは東電が君臨していて、そういう事は出来ない・させない仕組みになっていたんですけど、今回の件で間違いなく東電は経営破綻するでしょう。
それを機に規制が緩和されるのではないかと思っています。
Commented by antsuan at 2011-03-27 20:59
・東電は間違いなく経営破綻すると思いますが、東電がそういうことを心配して、休止している火力発電所を再開させないでいるのではないでしょうか。
菅首相は東電を潰すぞと脅かしたということですが、計画停電はそれに対する精いっぱいの抵抗ではないかと思っています。
いま国家が為すべきは、東電を脅すことではなく、国有化してでも東電を守り抜くという支援表明ではないでしょうか。

確かにボイラーの方が高出力ですが、そのボイラーの熱を効率良く取り出せるタービンなどの設備はかなり高価なものになり、民生品には適さないと思います。
Commented by sweetmitsuki at 2011-03-28 05:07
>ボイラーの熱を効率良く取り出せるタービンなどの設備はかなり高価なものになり、民生品には適さないと思います。

他所の家庭に売電出来るほどの発電機は、確かに私の間違いでしたが、調べてみたら中規模工場や各種事業所向けに2~3年で初期投資を回収出来ると謳って発電機を製作しているメーカーが幾つかありました。
それよりも小さなボイラーでも、自家発電を行えるような技術が今後育っていくのではないのでしょうか
Commented by antsuan at 2011-03-28 10:28
・そうですね。mitsukiさん、これをキッカケに民間では非常用発電機を設置する企業が大幅に増えると思います。