あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

とうとう本命の「政治とカネ」の問題が発覚した

菅首相、辞任の可能性を否定…外国人献金問題
      2011年3月11日(金)11時25分配信 読売新聞 

 菅首相は11日午前の参院決算委員会で、自らの資金管理団体が在日韓国人系金融機関の元理事から献金を受けていたことを明らかにした。

 政治資金規正法は外国人からの寄付を禁じているが、首相は「外国人とは知らなかった」と述べ、辞任の可能性を否定した。外国人からの政治献金をめぐっては、前原誠司前外相が在日韓国人女性から献金を受け取っていたとして外相を辞任している。首相にも同様の問題が発覚したことで、野党側は首相の責任問題を追及する構えで、政権運営はさらに厳しさを増しそうだ。

 首相は決算委で、「日本名で日本国籍と思い、外国籍とは全く承知していなかった。献金は事務所に確認したところ頂いている」と述べ、献金受領を認めた。さらに「日時、金額は今、詳細に調査している。外国籍だと確認された時には全額返金したい」と述べた。

 元理事との関係については、「私が仲人をした知人から数年前に、不動産関係の仕事をしている人として紹介された。釣りに出かけたこともあり、数回会食をしたこともある」と説明した。民主党の藤谷光信氏の質問に答えた。

 民主党は両院議員総会を開いて、あらためて代表の「政治とカネ」の問題を熟議するべきでありましょう。
by antsuan | 2011-03-11 12:24 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/13104452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mimizu-1001 at 2011-03-11 20:31 x
ご無事ですか?
Commented by antsuan at 2011-03-12 07:38
・みみずすましさん、ご心配有り難うございます。
電気が止まってしまいましたが、武士です。(笑)