あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

"東京大空襲を忘れるなかれ" 王さんの願い 

 歴史を語り継ぐことが、平和な社会に近づく大きな一歩だと思います。
東京新聞 TOKYO Web
【社会】
悲劇の礎あっての巨塔 東京大空襲被災 王さんの願い
2011年3月10日 07時10分
 東京・下町で一夜にして十万人以上の命が奪われた東京大空襲。炎の海を逃げ惑った大勢の人たちの中に、後に「世界のホームラン王」となる王貞治さん(70)=福岡ソフトバンクホークス会長=の姿もあった。あれから六十六年。かつての焼け野原に今、東京スカイツリーが完成しつつある。被災後、ツリー真下の墨田区業平で育った王さんは「ツリーへの注目が、若い人たちに大空襲を知ってもらうきっかけになってほしい」と願う。 (小野沢健太)
 一九四五年三月十日未明、下町を襲った米軍の爆撃機B29は、王さんが中華料理店を営む父仕福さん、母登美さんらと暮らしていた向島区吾嬬(あづま)町(現墨田区八広)にも焼夷(しょうい)弾の雨を降らせた。王さんは当時四歳。登美さんに負(お)ぶわれ、燃え盛る街を荒川へと逃げた。
 「夜空が真っ赤だった。地面の炎が反射して空に映っているような一面の赤。その色だけは覚えています」
 逃げる最中、母の背中のぬくもりを感じながら、すやすやと眠っていたという。一家は無事だったが、自宅を兼ねた店は焼けた。
 終戦の翌年、今のツリー建設地から百五十メートルほど離れた業平へ移った。戦災のつめ跡が残り、四七年に入学した業平小学校の三、四階には家を失った人たちが住んでいた。「無抵抗な一般市民が標的にされたんです。戦争はむごいものです」
 それでも、街は活気に満ちていたという。「路地で内野だけの野球をしましたね。布のグラブに棒きれのバット、車が来たら『タイム』って中断して。何か悪さしたら、すぐ近所のおじさんに怒鳴られました」と笑う。
 子供たちは「地域の子供」だった。「他人の子でも、近所の大人同士が協力して育てるという意識があった」という。下町人情の街で王さんは、プロ入りまでを過ごした。
 そんな思い出がいっぱいの場所にできるスカイツリー。それは、王さんにとっても大きな喜びだ。「地元に世界一が建つなんて、長生きしてよかったと思いますね。活性化につながってほしい」
 王さんは一方で、高く伸びゆく巨塔の土台にある悲惨な歴史を、多くの人に見つめてほしいと願っている。
 「あの場所で、かつて悲しい過去があったことを忘れてはいけない。その対比があってこそ、スカイツリーの本当のすごさが分かると思うんです」
(東京新聞)

by antsuan | 2011-03-10 08:12 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/13094886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sweetmitsuki at 2011-03-11 06:50
建築中のスカイツリーを何度か見に行きましたが、言問通りから首都高を過ぎると、本当に景色が変わるんですよね。
完成したスカイツリーから地上を眺めれば、もっと鮮明にその違いに気が付くと思います。
Commented by antsuan at 2011-03-11 09:35
・面影は今も残っているんですよね。
しかし、mitsukiさん、その面影からだけでは無抵抗の人々が一晩のうちに焼き殺されたことは分らないと思います。新しいスカイツリーが墓碑の役目を果たしてくれるといいのですが。