あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

こんなパンダ見たくもない

     
東京新聞 TOKYO Web
【話題のニュース】
パンダ2頭上野動物園に到着 3月中にも一般公開
2011年2月22日 00時21分
 ジャイアントパンダのつがい2頭が21日、中国から来日し、同日深夜、東京・上野動物園に到着した。同園でのパンダ飼育は2008年4月に「リンリン」が死んで以来、約2年10カ月ぶり。
 環境に慣れさせた後、3月下旬にも一般公開される見込み。中国政府は2頭を「友好の使者」と位置付けており、漁船衝突事件などで悪化した日本国内の対中感情の改善に期待している。
 2頭の中国名は、雄が「比力(ビーリー)」、雌が「仙女(シィエンニュ)」。比力は大食いで木登りなど遊びが大好き、仙女は活動的で人懐っこい性格という。ともに人間でいうと「20歳」(中国側専門家)に当たる5歳で、来年あたりから出産に適した年齢になるため、2世誕生に期待が高まりそうだ。
 2頭は20日に中国四川省雅安の保護施設を出発。同省成都から上海を経由し、21日夜、全日空のパンダ模様の特別塗装機で成田空港に到着した。トラックへの積み替えの際、2頭は落ち着かない様子でおりの中を歩き回っていた。
 2頭の来園に備え、上野動物園では約9千万円をかけてパンダ舎を改修した。東京都は公募していた2頭の日本名を一般公開に合わせて発表する予定。
 日中間の協定によると、日本側が2頭を10年間借り受け、中国に野生動物保護への協力金名目で年間95万ドル(約7900万円)を支払う。
(共同)



時事ドットコム  (時事通信社)
上野動物園にパンダ復活=雌雄の2頭、無事到着-3年ぶり不在解消
 東京都立上野動物園(台東区)に中国から貸与された雌雄のジャイアントパンダ2頭が21日、同園に到着した。同園は春休みごろ一般公開する予定で、人気のパンダ不在が3年ぶりに解消。落ち込んだ入園者数の回復に期待を寄せている。
 来園したパンダはともに5歳で、中国名で雄が比力(ビーリー)、雌が仙女(シィエンニュ)。中国四川省雅安の保護センターから飛行機やトラックで運ばれた。
 小宮輝之園長(63)らは取材陣に対し、2頭の無事到着を報告し、「ビーリーは少し神経質になって鳴いていたが、シィエンニュはしっかりしている」と説明。「疲れているので、ゆっくり休ませてあげたい」と話した。
 来園に先立ち、同園は約9000万円を掛けてパンダ舎を改修。水浴び場を広くしたほか、見学通路に近い床の一部にヒーターを新設し、見学者の目の前で暖を取れるようにした。一部の大木には微弱な電流が流れる柵も付け、若くて元気な2頭が木に上って逃げたり落ちたりするのを防ぐ。
 2頭は早速新しいパンダ舎に入れられ、日本の餌や環境に慣れていく。
 都もパンダの日本名を公募し、全国から寄せられた4万件余の中から選ぶ作業を進めている。
 同園が受け入れるパンダでは今回初めて中国側から借りる契約を結んだ。期間は10年間で、年間95万ドル(約7800万円)の保護協力資金を支払う。子どもが生まれた場合は満2歳で中国に渡す条件も付いている。(2011/02/22-00:37)

            下線はブログ管理者による

 いったい、言論弾圧をしている一党独裁政権のチャイナに、動物保護の協力資金を提供すると云う事が、我が国の国益に適うものなのか、政府は説明責任があります。

 また、パンダを借りる条件として、資金提供がなされていることを明示している報道機関は、共同と時事通信社だけというのも、記者クラブの弊害でありましょう。
by antsuan | 2011-02-22 12:12 | 政治・経済 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/12960236
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinn-lily at 2011-02-22 13:56
見ません。
だからこなくていいと言ったのに。
まるで戦国時代の嫁入りみたい(ノ_;)
Commented by junko at 2011-02-22 17:05 x
Ciao antsuan
風邪治った?

私もさパンダなんて全然見たくない
ましてや、こういう政治の臭い息のかかったものなんて

↑ のlilyさん
笑うわ――
戦国時代の嫁入りねー  わははは
Commented by mimizu-1001 at 2011-02-22 18:30
意外とみなさん関心持たれてますね、パンダ。
僕が交流あるブロガーさんの間でも、あちこちで記事になってます。
これがホントの客寄せパンダ?

チャウチャウ犬でしたっけ?に色を塗ってパンダに見せて、、、なんてのを以前マロンママさんが記事にしてましたが、上野に来たのってそれの亜種でしょうかね?(笑)
Commented by antsuan at 2011-02-22 23:44
・リリーさん、戦国時代の嫁入りは逆でしょう?
日本のマスメディアの相変わらずのふがいなさも腹立ちますよね。
Commented by antsuan at 2011-02-22 23:44
・junkoさん、まだ鼻がぐぢゅぐぢゅ。(i_i)
ぴりっとした寒さは何ともないのですが、、

ホント、こっちが養育費をもらいたいぐらいですよね。
Commented by antsuan at 2011-02-22 23:44
・みみずすましさん、パンダに罪はないのでしょうが、利用するものは何でも利用するチャイナのえげつなさに辟易としてしまいます。

それだけでなく、日本のマスメディアが金絡みのことをわざわざ避けて報道している姿はミットもないを通り越して惨めそのもの。

政治と金の問題は小沢ではなく、パンダの方じゃないですか!
Commented by ゆうこ at 2011-02-23 10:58 x
 ツイッター関連への適切なアドバイス、有難うございました。
 パンダの件。「尖閣」中国船長を解放して、重大な事件を放棄した日本政府とオールドメディア。そのうやむやから国民の目を逸らす一環として、パンダを貸借した。亡国の政府、メディア、国民。この国は、米からも中国からもロシアからも、いや、世界から嘗められてしまっている。馬鹿にされている、と私は思います。
Commented by antsuan at 2011-02-23 18:53
・ゆうこさん、ブログを備忘録代わりにしている人って多いですね。でもそちらのブログはそれだけではもったいない気がしますけれど・・。

 日清戦争後の三国干渉で萎縮してしまった日本帝国は、義和団の乱の鎮圧では大英帝国の大使も吃驚するほど掠奪に一切手を染めず、日露戦争の勝利でも欲を張らず、さらに第一次世界大戦でもどさくさ紛れの侵略をしませんでした。今はそれとかなり似ている状況だと思います。しかし、その過去を教訓として怒る時はきちっと怒らないと、外国からの虐めに際限がなくなることを知るべきです。
 ちなみに、チャーチルはそのような日本をバカにして虐めにかかり戦争をそそのかしたのですが、開戦すぐに戦艦プリンスオブウェールズをあっという間に沈められて、自ら大英帝国の墓穴を掘ったことを悟ったのでした。
 蛇足ですが、ブッシュ大統領をそそのかしてイラク戦争の泥沼にはめ込み、アメリカを没落の道へ導いたのは、あのライオンヘア宰相だと見ています。