あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

『大変落胆』 これは責任者の言葉ではない

「大変落胆」と苦言=民主党の政権運営で―稲盛氏
時事通信 2月8日(火)17時34分配信
 日本航空の稲盛和夫会長は8日、都内の日本記者クラブで会見し、民主党の政権運営について「現在の体たらくに、こういうことで支援したつもりではなかったのにと大変落胆している」と厳しく批判した。同会長は野党時代から民主党を支持してきた数少ない有力経済人の一人で、内閣特別顧問も務めているが、政治の停滞を前に苦言を呈さざるを得なくなったようだ。
 稲盛会長は、日本にも政権交代が必要との持論から民主党を支援してきたと説明した。今後の政治状況については「恐らくいろいろなことが起こり、再度新しい体制ができあがっていくのだろう」と予想。その上で、「もう年なので後は静観していこうと思っている」と、今後は一定の距離を置く意向を示した。 

 稲盛さんは、結局、国民の目線でこの国を見ていなかったという結論になると思います。政権交代のその先を見つめていなかったということでしょう。

HeizoTakenaka 竹中平蔵氏のツイッターより
『面白い事実がある。消費税を引き上げたのは1997年。実はそれ以降、税収がこの年を上回ったことは一回もない。つまり、デフレと低成長を放置するかぎり、増税をしても税収は増えないということ。この当たり前のことを忘れて増税に前のめりになっている政治家は、あまりに経済の基本を無視している。』


 増税に前のめりになっているのは、経団連に所属している大企業の経営者も同様です。つまり、彼らは国家の経営について興味がなく、国家を何なるマーケットと考えている証拠ともいえます。

 稲盛さんも、国家観についてはそういう経営者の一人でしかなかったのであって、残念ながら、松下幸之助や土光敏夫のような大物の人格者として認める訳には行きません。
by antsuan | 2011-02-10 00:55 | 政治・経済 | Comments(4)
Commented by nakanokeiichi at 2011-02-10 07:43
経団連が前のめりになるのは これが目的でしょう 消費税が上がれば還付も増える   
>>輸出業者は消費税の確定申告をすることで、仕入れにかかった消費税額の還付を受けることができるのです。 つまり無税です
Commented by antsuan at 2011-02-10 08:18
・つまり、日本国内をマーケットとしても見ていないってことでしょうね。
Commented by saheizi-inokori at 2011-02-10 10:19
普通のエライさんじやないかな。
Commented by antsuan at 2011-02-10 11:56
・佐平次さん、単なるタニマチだったんでしょうかね。