あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

小沢一郎の上杉隆による単独記者会見

d0001610_936214.jpg

 上杉隆という人物は、主にツイッターを媒体とする新しい形の報道記者の先駆け的存在で、無所属の報道記者です。腐敗した記者クラブのマスメディアに真っ向から戦っている彼は、梶山季之から始まった日本のルポライターの正統派といってもいいでしょう。
by antsuan | 2011-01-27 08:48 | 政治・経済 | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/12767063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2011-01-27 11:53
同感です。
Commented by antsuan at 2011-01-27 12:42
・ちょっと複雑な思いなのですが、かつての市民運動家が報道革命により追放される構図が見えて来ました。
Commented by HOOP at 2011-01-27 17:17
開始は遅れていますが、間もなく始まるようです。
Commented by HOOP at 2011-01-27 17:28
ようやく、国会が散会
Commented by mimizu-1001 at 2011-01-27 17:28
上杉隆って、ずっと前から活躍していたのかもしれないけど、小沢さんの件で耳目を集めた感がありません?
僕は大久保さんの起訴の頃からこの人のルポを読み出しました。
ツィッターはまったくのぞかないのでよくわかりませんが、ちょっと軽いのが難点?
でも、おもしろい、読ませる記事を書いてるなぁと思います。
反対に小沢さんの件で信者をなくしたのが立花隆でしょうね(あ、同じ隆だ)。
足を使って取材して記事を書く上杉隆に対して、誰かが持ってきた情報から推論を述べる立花隆って感じ。
Commented by antsuan at 2011-01-27 21:31
・HOOPさん、熟議とはとても思えない総理大臣の答弁でした。
Commented by antsuan at 2011-01-27 21:31
・国会で野次を飛ばすより物凄く効果がある媒体ですよ、ツイッターは。わたしも始めています。(^_^)

みみずすましさん、立花隆は全くそういう感じですが、ノーベル文学賞を受賞した大江健三郎もそのたぐいといえます。