あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

充分あり得る話です

「与謝野氏入閣は朝日新聞の進言。読売も歓迎」と菅首相側近
2011年1月24日(月)10時0分配信 NEWSポストセブン 

菅内閣にとって正念場となる通常国会が始まった。問題が山積みの管内閣だが、与野党、国民の反発さえも、当の菅首相は“サプライズ人事にみんな驚いているぞ”と、ご満悦なのだ。

菅首相の奇妙な自信には理由がある。実は、今回の内閣改造には大メディアが大きく関与している。与謝野氏が読売新聞の渡辺恒雄・グループ本社会長と極めて近いことはよく知られている。だが、菅首相に直接、与謝野起用を進言したのは、読売のライバルの朝日新聞の編集幹部だという。菅側近が打ち明ける。

「改造前に総理が最も憂慮していたのはメディアの風当たりが強くなっていることだった。そこで昨年末に各紙の幹部とお忍びで会談を重ねた。中でも総理が信頼する朝日の編集幹部は、消費税引き上げと環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)への参加、小沢切りの3 点セットを断行すれば菅内閣を社をあげて支援すると約束して、与謝野氏起用を強く進言した。読売がこの人事を歓迎するのは想定内だったが、“天下の朝日”の後押しが迷っていた総理を動かした」

この編集幹部は紙面でも、民主・自民の大連立など、菅長期政権の可能性に言及している。実際、与野党から総スカン状態の与謝野氏の入閣だが、大メディアは揃って歓迎した。

内閣改造翌日の各紙の社説を見ると、読売新聞は、〈与謝野氏が言うように、国の命運を左右するような課題には各党が「政争の場を離れて」取り組むべきだ〉と書き、朝日新聞は与謝野氏起用を〈目指す目標を明確にし、人事を通じ実行する態勢を整えようとした意図は理解できる〉と評価したうえで、小沢一郎・元代表の政治倫理審査会出席問題について、〈この問題を早急に処理しない限り、「最強の態勢」もつかの間の掛け声に終わるほかない〉と「小沢切り」を促す書き方をしている。前出の菅側近の証言と一致するが、朝日新聞は編集幹部が菅首相に与謝野氏の起用を進言したことを否定した。
                 ※週刊ポスト2011年2月4日号


 この菅首相側近というのが誰だか予想がつきませんが、記者クラブの連中だったら充分あり得る話です。

 しかし、記者会見の場をインターネットメディアにも開放している小沢一郎は、その気になったら、携帯の一斉メールで内閣打倒の指示を出すに違いありません。

 国会内部において、情報通信技術による革命が何時起きても不思議ではない、我が国の現状ではないでしょうか。
by antsuan | 2011-01-24 20:34 | 政治・経済 | Comments(6)
Commented by saheizi-inokori at 2011-01-24 21:07
私もまったくその通りの図柄だと思います。
Commented by HOOP at 2011-01-24 21:14
もはや東京新聞しかリベラルはないとか、
御用新聞をやめたら、みんなゲンダイになっちゃうとか、
いろんな噂が飛び交っていますね。
Commented by nakanokeiichi at 2011-01-24 21:17
官邸機密費の使い方 その1 で ございますな。
菅サイドからの持掛けとちゃうか?
Commented by antsuan at 2011-01-25 06:55
・佐平治さん、菅総理が能動的に何かをやるとはとても考えられませんからね。
Commented by antsuan at 2011-01-25 06:55
・HOOPさん、広告収入に依存している放送、出版(新聞・雑誌)業界は崩壊寸前のところまで来ているのではないでしょうか。
Commented by antsuan at 2011-01-25 06:55
・nakanokeiichiさん、菅サイドからの持ちかけは無いと思いますよ。そんな行動的な内閣じゃありませんから。
しかし、機密費はバンバン使っていることでしょうね。自分の懐にもいれているんじゃないかと。辞める時は空っぽ間違いなしでしょう。