あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

これがオープンな政治なのですね

与謝野経財相の議員辞職要求 自民・石原幹事長
                   2011年1月15日 12時33分
 自民党の石原伸晃幹事長は15日午前、入閣した与謝野馨経済財政担当相について「厳しく批判していた民主党政権に行くなら、議員バッジを外すべきだ。人として信用できないし、信頼関係をつくることは難しい」と述べ、議員辞職を求めた。都内で記者団に述べた。

 山本一太参院政審会長もTBS番組で「与謝野氏は、民主党政権では日本経済が崩壊するという本を書いたばかり。個人的には最初から問責を出したい閣僚だ」と、通常国会で追及する方針を表明。与謝野氏が2009年の衆院選で自民党の比例代表として復活当選した経緯に触れ、議員辞職が「政治家としての筋」と指摘。公明党の高木陽介幹事長代理も「一民間人として入閣するのが筋論だ」と同調した。
                            (共同)


 このような禁じ手を使ったら、菅直人は政権政党の代表として、その責任を問われることは必死です。野党に格好の攻撃材料を提供したこの組閣は狂気の沙汰としか言いようがありません。

 小沢一郎も動くのではないでしょうか。
by antsuan | 2011-01-15 16:17 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/12698956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nakanokeiichi at 2011-01-15 22:00
評価できるのは 岡崎おばはんがいなくなったことかな。
しかし これでは第2自民党でしょう? 民主に投票した人たちはどう思ってるのかね?
Commented by antsuan at 2011-01-15 23:24
・いやいや、まだ仮免許も与えられないほど酷いですよ。学者に経営が出来ないのとおんなじです。