あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

新発見だっのか


NASA、ヒ素で成長の細菌発見 異なる生命要素か

 【ワシントン共同】通常の生物にとっては有毒なヒ素を生命活動の根幹となるDNAに取り込んで成長できる細菌を発見したと、米航空宇宙局(NASA)などの研究グループが2日、米科学誌サイエンス(電子版)に発表した。

 地球上の生物は主に炭素、酸素、水素、窒素、リン、硫黄の6元素でつくられており、これらは生命活動に不可欠と考えられている。だが、この細菌はリンをヒ素に換えても生きることができるという。

 現在知られているものとは異なる基本要素で生命が存在する可能性を示すもので、生命の誕生、進化の謎に迫る発見といえそうだ。

 専門家らは生命を構成するのが6元素であることを前提に地球外の生命探しを進めているが、研究グループは「どのような物質を追跡の対象にするか、より真剣に考えなければならない」と指摘している。

 研究グループは米カリフォルニア州にあるヒ素濃度の高い塩水湖「モノ湖」に生息する「GFAJ1」という細菌に着目。

 ヒ素が多くリンが少ない培養液で培養すると、リンが多い培養液よりは成長は遅くなるものの、細胞数が6日間で20倍以上に増え、GFAJ1はヒ素を取り込んで成長することを確認した。

2010/12/03 04:02 【共同通信】


 たしか、深海における熱鉱床(深海熱水噴出孔)付近の生物は有害なヒ素があっても成長していると、昔の科学雑誌に載っていたような気がします。しかし、それが生物の根幹にあたるDNAに取り込まれているという事が、今回の新発見という事なのでしょう。
by antsuan | 2010-12-03 16:31 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(20)
Commented by nakanokeiichi at 2010-12-03 20:19
地球外生物を期待した・・   もう  落差が尋常や無いな。
Commented by mimizu-1001 at 2010-12-03 20:53
ヒ素にも窒素を助ける効果があるってこと?
そういう単純な話じゃないのかな?
わからん。。。

宇宙人発見!と思った人多かったみたいね(笑)
Commented by antsuan at 2010-12-04 09:56
・nakanokeiichiさん、この程度の研究発表だったら、普通の大学でもやっていることですね。
Commented by antsuan at 2010-12-04 09:57
・みみずすましさん、地球外物質からそれを発見したというのならば別なんですけれどね。大発見なのかも知れませんがちょっと酷すぎ。
Commented at 2010-12-04 13:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by HOOP at 2010-12-04 17:04
地球外で生物を探す時に、今まではCHONPで探していたけれど、
その方針ではみつからない可能性があるということです。
Commented by antsuan at 2010-12-04 17:26
・鍵コメ様
ヨットとは大型の帆走船をいうのですが、個人用の豪華な機走船もいいます。英国王室のヨットなどがそうですね。また、大きな船もボートと外国では普通に言うようです
Commented by antsuan at 2010-12-04 17:27
・HOOPさん、今までの生物科学の定義自体がキリスト教の影響を受けていたからじゃないのでしょうか。
Commented by HOOP at 2010-12-04 17:32
>あんつぁん
それは考え過ぎです。
Commented by antsuan at 2010-12-04 19:52
・そうでしょうかねぇ。
HOOPさん、進化論にしろ、教会から脱皮する手段であり、近代科学はすべてキリスト教思想を軸にして、あるいは対局において考えられていると思えるのですが。
Commented by HOOP at 2010-12-04 20:20
ある大学の生物学担当教授公募で、「宗派を問わないがキリスト者であること」が条件になっていました。宗派によって、たとえば進化論に対する態度は全く異なるのですが、こういうのってどう考えたらよいのでしょうね。
Commented by antsuan at 2010-12-04 20:29
・HOOPさん、"まず光ありき"のキリスト教思想と、"カオス"、"混とん"、"無"の存在を認める仏教的思想では、科学的研究も根本的に違ってくるからだと思いますよ。
Commented by HOOP at 2010-12-04 20:40
いや、だからこそキリスト者であることを求めるということは、
宗派も問わなければいけないと思うのですがね。

ちなみに、日蓮宗ということになっている私の宗教的バックグラウンドは
浄土宗の幼稚園で形成され、カソリックの日曜学校で高められ、
曹洞宗で磨かれております。
Commented by antsuan at 2010-12-04 20:48
・そこまで行くと人種差別そのものになってしまうからでしょうね。

HOOPさん、もっと大きいバックグラウンドとして神道をお忘れじゃないでしょうか。
Commented by HOOP at 2010-12-04 21:16
神道という言葉を使うと、明治以降のご都合神道と誤解されそうなので。
ちなみに八百万の神々は神道では認めておりませんよね。
Commented by antsuan at 2010-12-04 22:18
・>ちなみに八百万の神々は神道では認めておりませんよね。
HOOPさん、これも明治以降のご都合神道の考え方のようですよ。
Commented by HOOP at 2010-12-04 22:30
>あんつぁん
もちろん、そのつもりです。
Commented by mimizu-1001 at 2010-12-04 23:50
ごめんなさい、HOOPさんとの楽しい会話に口をはさむつもりじゃないです。。。

一般論としてキリスト教が科学と対立するのはたしかだけど、本来、科学の要素は、例えばギリシャ文明とかの非キリスト教文明から生まれたんじゃ?
で、キリスト教圏に比べて仏教圏でいわゆる近代科学が発展しなかったのは、仏教の持つ諦観的なものが作用してるんじゃまいかしらん?とか思ったり。
Commented by mimizu-1001 at 2010-12-05 01:13 x
ごめん。
生物化学って書いてあるね。
よく読んでなかった。。。
Commented by antsuan at 2010-12-05 08:44
・みみずすましさん、古代科学は神々が為せる技を解明しようとしていたと解釈しています。
仏教圏(特に日本)でも実は近代科学が生まれているのですが、自然との調和、つまり神との調和を配慮したものなので発展しなかったと思っています。

 生物化学じゃなくて生物科学は、やはり疑問の源だと思いますよ。神が人間をお創りになったのかそうじゃないのかは、いまも昔も宗教的大問題ですからね。