あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

踏み切りを渡りながら江ノ電を撮る


 和田塚駅の狭い踏み切りで、素早くレンズ付き携帯をとり出してパチリ。助手席に座っていたカミサンに怒られました。ちょっぴり反省しています。
d0001610_2005537.jpg

by antsuan | 2010-11-21 20:03 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/12320922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Emitan at 2010-11-21 20:39 x
一時停止して撮影したのですか?それとも走りながら?バックミラーに軽トラが写っていますね。黄色のナンバープレートですよね?
Commented by shinn-lily at 2010-11-21 20:59
おー、狙っていましたね。
命をお大切に。
江ノ電は好きです。
Commented by antsuan at 2010-11-21 22:16
・Emitanさん、一時停止したかったんですが一台しか通れない踏み切りですから、軽トラをやり過ごしながら盲撮りです。(笑) 
Commented by antsuan at 2010-11-21 22:18
・赤いランプの終列車じゃないけれど、ご覧の通り通り過ぎた電車です。ご心配なく。(笑)

リリーさん、江ノ電というと私は映画の「天国と地獄」を思い浮かべるんですよ。で、小田急線ならば世田谷代田の駅。母たち三姉妹が成城まで通ったところ。末っ子だった叔母が成城から戻ってくると、駅員さんが教えてくれるんだそうです。「お姉ちゃんたちはもういないよ。何処かへ遊びに行っちゃった」ってね。(笑)
Commented by shinn-lily at 2010-11-21 22:57
世田谷代田という駅は下北沢の次で、なんとも影の薄い駅という印象がありましたが、そんな素敵なエピソードが・・・いいですね、そんなつながりが懐かしい、世田谷代田の駅が急に輝いてみえます。
Commented by antsuan at 2010-11-22 07:33
・改札口とホームに段差がなくて、坂を登っていくと、いつの間にかホームに入っちゃうところでした。(笑) 

リリーさん、一度、母と二人でこの駅を降りたことがありましたが、娘時代もかくありきと思わせる母の目の輝きを、今でも忘れることが出来ません。
Commented by mimizu-1001 at 2010-11-22 12:09
「レンズ付き携帯」ってのはあんつぁんのこだわりだね。
カメラ付きとは言わないのね。
そういやレスの時に、「・みみずすましさん」から始まる時と、1行2行あってから「・みみずすましさん」がある時も、あれもあんつぁんのこだわりだね。

で、こういう風景に心動かされるあんつぁんのこだわり、その辺ももっと聞いてみたいな。
あんつぁんって政治ネタより抒情ネタ書かせた方がうまいと思うんだけど(逃)
Commented by antsuan at 2010-11-22 13:52
・叙情ネタなんか全然うまかないですよ。
自分が見つめていた親と同じ年になって、あの時と同じ景色を見る時、心に湧いてくる何かがあるでしょう。みみずすましさんは、特に御両親を見守りながら感じていると思うのですが、わたしの場合はその気持ちを伝えたい親がいないのです。だから、同じ景色に向かって今の気持ちを打ち明けたくなる。それだけですよ。