あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

国際会議という不毛な嵐


 オバマッチャという抹茶入りソフトクリームのブランドを有名にしただけの国際会議は終わった。ここ逗子葉山では外国の要人が来るというので、異常な厳戒態勢が敷かれて普通市民の行動は制限されてしまった。まして、オバマ大統領はヘリコプターで鎌倉まで行き来したという。鎌倉市周辺の警備は何のためだったのだろう。

 そして、この国際会議が終わったら静けさが戻るのだろうか。いや、そうではあるまい。菅内閣はこの国際会議における外交政策の責任を問われ、国会は議論が沸騰することだろう。我々国民が望んでいるのは、外交という言葉でやる戦争に勝利することであり、鹿鳴館の舞踏会のような社交ではないのだ。

 わが国は依然として不平等条約を押し付けられているのであり、その解消なくして相互の国際平和はあり得ないのだ。
by antsuan | 2010-11-15 06:53 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/12273004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。