あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

創造性を育む「子供を遊ばせる文化」


 今発売中の月刊ボイス十一月号の特集は、先行き不安を吹き飛ばす!「世界に誇る」日本の技術77 という題が掲げられていて元気の出るものです。是非、皆さんもお読み頂きたいと思っていますが、その中で日下公人と伊藤洋一の対談に、他国が真似の出来ない文化として、創造性を育む「子供を遊ばせる文化」のことが書いてあったので、抜粋して紹介したいと思います。

 ==================================
  創造性を育む「子供を遊ばせる文化」
 ==================================
     ・・・・・・
     ・・・・・・
日下 日本のクリエイティビティーが高いのは、子供相手の商売が発達していることと関係があります。日本の子供は小遣いの額が非常に多く、ある統計ではアメリカの二倍、ヨーロッパの四倍もある。そのため、ゲーム機が典型ですが、子供がどんどん買うから量産し、そのうち品質が安定し、そしてさらに技術が発展する。そうこうしているうちに、日本はミサイルをコントロール出来るほどの半導体技術をゲームに使うようになった。あるホームパーティーでアメリカの将軍が、世界が平和になったのは、日本が故障しない半導体を輸出するようになったからだ、といっていました。撃てばすべて命中するから、誰も撃てなくなったんだ、と。(笑)
 日本の子供の小遣いが多いのは、お年玉を与える文化があるためですが、これは日本の神道や仏教が子供を「神仏にいちばん近い存在」と考えるからです。日本の子供たちは、この遊びの中で自由な発想を育んでいく。

 一方、キリスト教文化においては、子供は鍛えて理性をもたせて、初めて動物から人間になると考えます。そしてその手段は、神から与えられた「言葉」でもって叩き込む。だからアメリカのインテリは、子供の遊びであるマンガを「悪魔の文化」と考える。ですが今やアメリカの子供も、日本のマンガやアニメを喜んでみるようになっています。(笑)

伊藤 もう一つ、日本のクリエイティビティーに寄与しているのは「祭り」の存在だと思うんです。日本は江戸時代から、祭りを奨励してきました。韓国人である私の友人が日本に来て驚いたのは、日本は一年中、必ずどこかで祭りが開かれていることです。中国や韓国では、人が大勢集まると反乱が起こるということで、過去の王朝が全部やめさせてしまいました。そのため、たとえば中国では、少数民族には祭りがありますが、漢民族にはありません。
 祭りというのは、みなを楽しませるために、いろいろアイデアを練らねばなりません。神輿はどう担ぎ、どう歩くか、どこでどのような花火を打ち上げようか、客にどんな商品をつくろうか、などです。そして日本の祭りでは、子供を神様と位置づけるものも多く、子供たちは必ず参加して、自然とその考え方を身につける。
 ということを考えると、中国や韓国が日本を追い上げているというけれど、追い抜くことはないでしょう。

日下 よくここまで来ました、というだけです。(笑)
 宗教・文化は、その地に染み込んでいるものです。いくらキリスト教圏の人間が「宗教を乗り越えた」といっても、社会全体の習慣に浸透しているため、そこに生きる人間のなかに無意識的には残っている。
     ・・・・・・
 クリエイティビティーは、愛情豊かに育て、自分の感性をもたせることでしか生まれない。欧米流の知識教育など、あとで必要になってから覚えれば、すぐに追いつけます。その点、愛情豊かに、遊びながら育てられた子供たちがたくさんいるのが日本です。だから、二十一世紀の技術進歩も当然、日本が勝つでしょうね。

by antsuan | 2010-10-18 08:59 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/12097374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shinn-lily at 2010-10-18 12:04
そうかなー?本当にそうだったらいいなぁー。そうあって欲しい。

面接に訪れる技術系の若者、子供の頃、遊んでいないだろうな、なにをしていたのか、想像力ってものがないという人が多くてね・・・涙なのであります。ものつくり、どうなる??
Commented by antsuan at 2010-10-18 14:32
・だいじょうぶ。日本にはお嬢ちゃま学校を出たミーちゃんハーちゃんがいっぱい居ますから。(笑) これからの日本は女の人の想像力の時代です。けっして嫌みで言っているのではありません。ちなみに、同じボイスの今月号には、「社内公用語を英語に」の悲劇(いまの韓国が陥っている「グローバル化」問題を見よ)と題して、江上剛氏が学歴競争社会を批判しています。

もうじき日本人は東京裁判史観の呪縛から目を覚まして、戦前の自由を取り戻すことでしょう。
Commented by sweetmitsuki at 2010-10-18 20:51
今、東京ではバカなガッコのセンセや都知事が日本のマンガやゲームの素晴らしさを知りもしないで変な規制をかけようとしています。
http://mitb.bufsiz.jp/
ああいう人たちは決して目を覚ます事はないでしょうから、一刻も早く消えて欲しいものです。
Commented by antsuan at 2010-10-18 21:04
・この間のレースで一緒だった都知事さんですが、時々マンガチックなことをしているので許してあげて下さい。
mitsukiさん、マンガが世界平和に貢献しているのは間違いない事実でしょう。それを誇りに思わない連中は、占領軍に押し付けられた東京裁判史観に捕らわれているからではないでしょうか。