あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

チャイナの人民に天安門事件を教えよう

「天安門犠牲者にささぐ」と涙=平和賞受賞の劉暁波氏―面会の妻、軟禁状態に・中国
時事通信 10月11日(月)9時24分配信
 【北京、ワシントン時事】ノーベル平和賞受賞が決まった中国の民主活動家、劉暁波氏(54)の妻の劉霞さん(49)は11日、自身の簡易ブログ「ツイッター」で劉氏と面会したことを明らかにした。また、米人権団体「フリーダム・ナウ」(ワシントン)によると、劉氏は面会した際、涙を流しながら「ノーベル賞は(1989年の)天安門事件の犠牲者にささげる」と語ったという。
 8日の平和賞授与決定に対する劉氏の反応が伝わるのは初めて。
 劉霞さんはツイッターで「兄弟たちよ。わたしは戻ってきた。8日に軟禁され、皆さんにいつ会えるか分からない。携帯電話も使えなくされ、電話を受けることもできない。暁波と会ったが、刑務所は9日夜、彼に受賞を知らせていた。皆さんわたしを支えてください」と記し、自らが現在も軟禁状態にあることを明かした。
 面会の日時や場所には触れていないが、10日に劉氏が収監されている遼寧省錦州の刑務所で面会し、同日夜に北京に戻ったとみられる。
 一方、これまで劉氏の支援活動を行ってきたフリーダム・ナウは声明で、当局から劉霞さんに「大きな圧力」が掛かっていると指摘。「世界の指導者たちが中国政府によるこの恥ずべき行為を直ちに非難し、劉霞さんの即時・無条件の解放を求めることを望む」と訴えた。また、中国の反体制派や各国メディアに対し、劉霞さんの自宅を取り囲み、当局に劉霞さんとの接触を要求するよう呼び掛けたと明かした。
 中国当局は平和賞受賞決定以降、人権活動家らを拘束したり、事情聴取したりするなど、国内で民主化機運が盛り上がることを警戒。平和賞受賞決定に関する情報統制も強めている。 

<中国>共産党元幹部ら「言論の自由を」 ネットに公開書簡劉氏ノーベル賞に触発?
毎日新聞 10月13日(水)7時49分配信
 【北京・浦松丈二】中国共産党の元幹部ら23人が12日、言論・出版の自由を求める公開書簡をインターネット上に発表した。中国では言論の自由を訴えた作家、劉暁波(りゅうぎょうは)氏(54)のノーベル平和賞受賞が決まったばかり。公開書簡は劉氏の平和賞受賞に触発されたとみられる。

 公開書簡は「憲法35条を実行し、検閲を廃止し、言論・出版の自由の約束を果たせ」の題で全国人民代表大会(全人代=国会)に出された。発起人23人には、故・毛沢東主席秘書の李鋭氏や、人民日報元社長の胡績偉氏らの重鎮が名を連ねる。

 書簡は「1982年施行の中国憲法35条は言論、出版、集会、結社、デモの自由を保障しているが、この条文は28年にわたって約束が果たされず、党の『実行』細則で否定されてきた」と批判している。一方、劉氏も「中国には憲法があっても憲政がない」と言論・出版の自由を求めている。ただし、書簡にノーベル平和賞への言及はない。
最終更新:10月13日(水)7時49分

 今年のノーベル平和賞は、日本人にとってもチャイナの現実を知る上で良い警鐘となったのではないでしょうか。ですから、今後は日本政府がチャイナに毅然たる態度をとるならば、一言、「天安門事件を忘れてはいませんよ」と言えばいいのです。
 
by antsuan | 2010-10-14 20:09 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(4)
Commented by sweetmitsuki at 2010-10-14 21:12
天安門事件とは呼ばず、北京大虐殺事件と呼ぶべきなのではないのでしょうか。
Commented by Emitan at 2010-10-14 21:50 x
軍隊を持たない国が物言えるのでしょうか?軍隊を持たない独立国は他に在るのでしょうか?
Commented by antsuan at 2010-10-15 07:02
・mitsukiさん、まさに彼らの本性を現した北京大虐殺事件、歴史を逆戻りさせた悲劇です。
Commented by antsuan at 2010-10-15 07:02
・Emitanさん、わが国は官僚組織がしっかりしている大国です。その気になれば軍隊をつくるぐらいのことは訳なく出来ます。