あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

上海万博終了前に引き上げるべし

トヨタ系に商業賄賂罪 中国、尖閣絡み?関係者警戒
2010年9月28日(火)8時0分配信 産経新聞

 【上海=河崎真澄】トヨタ自動車系の中国金融会社が「商業賄賂(わいろ)罪」で浙江省の杭州市工商行政管理局から処分を受け、波紋が広がっている。中国では英豪資源大手リオ・ティントの社員4人が同罪などで起訴され、今年5月に上海高裁で最大14年の懲役判決が確定したが、日系企業に対する同罪の適用例はほとんどない。中国漁船衝突事件を受け日系企業が狙い撃ちされる懸念もあるとして、関係者は警戒を強めている。

 中国紙、21世紀経済報道などが伝えたところによると、杭州市で処分を受けたのはトヨタグループの豊田汽車金融で、自動車ローン契約を増やすため、販売店に手数料などの名目で金品を渡していたという。違法所得とされた約42万元の没収と罰金14万元で、日本円に換算して総額約700万円の行政処罰を科すと、今月20日に同社側に通告していた。

 当局側の調べでは、浙江省内のトヨタ販売店3業者が2008年8月から今年4月まで、顧客に豊田汽車金融のローンを勧め、同社は計49人とローン契約を締結した。しかし、同社の利息は中国の国有商業銀行の利息よりも高く、一方で同社は3業者に手数料などの名目で合計約7万元(約88万円)を渡したことが、不正競争防止法の「商業賄賂罪」に当たるとされた。

 中国では、非公務員の贈収賄のほか企業によるビジネス目的の贈収賄、商取引に関するリベートなども商業賄賂行為とされ、刑事事件として扱われる。日米欧では一般的な商習慣が問題視されるケースもある。

 ◆トヨタ自動車のコメント

 「トヨタファイナンシャルサービスの海外販売金融会社である豊田汽車金融が、当局から行政処分の予告に関する通知を受け取ったことは聞いている。同社が通知の内容を精査している」

 もたもたしていると多くの日本人がどんどん拉致されてしまいます。民間人の犠牲者を出してはなりません。相手は無法者なのです。チャイナに駐在している日本人を即刻引き上げさせるべきです。このまま放置していたら、戦前の"通州事件"が再び起きてしまいます。
by antsuan | 2010-09-28 12:11 | 政治・経済 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/11993248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sweetmitsuki at 2010-09-28 18:50
電気自動車に不可欠なリチウムを海水から抽出する技術は日本が世界に先駆けているそうですよ。
トヨタも今後は自社製品を製造するのに使用するレアメタル、レアアースは輸入に頼らず産業廃棄物からの再利用、いわゆる「都市鉱山」からの発掘に本腰を入れて取り組むようになるのではないのでしょうか。
Commented by HOOP at 2010-09-28 19:10
マツダの新エンジン、触媒なしのディーゼルとハイブリッドを上回る燃費のガソリンを、レアメタルなしでセットで開発しましたね。
Commented by antsuan at 2010-09-28 19:32
・そうなんです。mitsukiさん、何もそんなに大騒ぎをすることはないのですよ。本当は日本は資源立国なのです。ただ日本の人件費では割に合わないだけの話です。
Commented by antsuan at 2010-09-28 19:32
・HOOPさん、これからは乗用車もディーゼルの時代になるでしょうね。ガソリン車は水素燃料の開発が待たれます。
Commented by sweetmitsuki at 2010-09-28 21:43
割に合わないというのはもう過去の話だと思います。
戦争をするほうがよっぽど割に合わないでしょう。
多少割高になっても「地球に優しい」を前面に出せばトヨタをはじめとする日本企業は世界シェアで優位に立てるのではないのでしょうか。
Commented by antsuan at 2010-09-28 22:26
・安全がただではないことが分かれば、まったくその通り。
mitsukiさん、地球に優しいというよりも、循環型社会を構築することが人類が生き延びる最良の手段だといえるのではないでしょうか。