あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

ようやく、政治ごっこの終わりがやって来る

政治主導を実現と小沢氏 首相は雇用創出強調
  共同ニュース     2010年9月1日 16時44分

 民主党代表選に立候補した菅首相と小沢前幹事長が1日午後、都内で共同記者会見を行った。政権運営や消費税率引き上げ、衆院選マニフェスト修正問題など政策課題で見解を表明し、論戦が始まった。小沢氏は「崩壊しつつある社会を立て直し、日本経済再生のため政治主導の政治を実現しなくてはならない」と決意表明。首相は「やるべきことは一に雇用、二に雇用だ」と雇用創出に努める方針を強調した。

 円高で国内産業が崩壊しそうな時に、菅直人総理大臣は「一に雇用、二に雇用」ですって?! 民主党の代表選は雪崩現象的に小沢一郎が圧勝すると予測します。

 現職の菅直人総理大臣の発言に市場は無反応だったのに対して、小沢発言には敏感に市場は反応しました。論戦が始まったら菅直人代表候補はひとたまりもないでしょう。小沢一郎代表候補は政治と金の責任を取って幹事長を辞めたのに対し、菅直人は参議院選挙惨敗の責任を取っていません。その他、すべて先送りして何一つ解決していません。

 真っ赤っかの社会主義思想の菅直人がこのまま総理大臣を続ければ、日本は潰れてしまうことぐらい、民主党党員は気付いていると確信しています。
by antsuan | 2010-09-01 17:41 | 政治・経済 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/11844548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2010-09-01 22:58
ちゃんと報道しないのではないでしょうか。
朝日などは菅の機関紙化してますよ。
Commented by antsuan at 2010-09-02 07:58
・佐平治さん、読売も似たり寄ったりです。しかしその新聞に載っている週刊誌の広告を見ると、小沢氏が優位と書かれているのは何とも言えず面白いです。