あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

『差別』を飯の種にした政治屋

ダイヤモンド オンライン [週間 上杉隆]
テレビ局宛ての訂正でお茶を濁さず、野中広務氏は筆者に訂正・謝罪を

 野中氏はその政治家人生の中で、普段から「人権、人権」という立派な言葉を発してきた。だが、その当の本人がいま、平気で「人権侵害」を行っているのだ。そうした矛盾する行為を看過するわけにいかない。

 野中氏は明らかな間違いを犯したのだ。放送を通じて、筆者の人権を著しく侵害した。それは完全なる「冤罪」である。

 野中氏に名誉の回復を求める。

 野中みたいな人間の腐った政治屋がいたら、国が滅びるのは当たり前ですね。
by antsuan | 2010-08-09 06:45 | 政治・経済 | Comments(0)