あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

外国人参政権はトロイの木馬

時事ドットコム

入国直後に生活保護申請=中国人48人、受給目的の来日か-大阪市

 大阪市は29日、日本に入国した中国人48人が入国直後に生活保護を申請し、そのうち32人は既に受給していると発表した。全員が、市内に在住する姉妹の親族として入国しているが、市は保護費受給を狙った入国の疑いがあるとみている。今後法務省などに入国審査の強化を求める方針。
 市によると、48人は中国福建省から、今年の5月から6月上旬にかけて来日。全員が、同市西区に在住している中国出身の高齢姉妹の親族として定住資格を得ており、入国後平均して8日たった時点で、5区役所に生活保護を申請していた。
 申請が集中した区役所の担当者が不審に思い発覚した。保護申請の際、ほとんどに市内の不動産業者と特定の通訳が同行していたという。申請に当たっては、「姉妹の介護」を来日理由に挙げていた。
 市は「不自然な点が多く、入国理由が虚偽の可能性もある。入国管理局はもっと厳しくチェックすべきだった」として、法務省などに審査の厳格化を求める。今後、生活保護の受給停止も検討するほか、警察とも協議して実態を調査する。(2010/06/29-15:58)


 これはもう間違いなく侵略といっていいのではないでしょうか。外国には基本的に戸籍制度なんてありません。ですから、国民として認知されていない人民に祖国愛なんてありません。

 つまり、住みにくい国から住みやすい国に移住することに、なんの抵抗も持っていないばかりではなく、移った国の人々から収奪することさえも当然のことと思っているのです。

 そういう文化を日本に持ち込もうとした人々と闘った歴史が過去に幾度か見られます。しかし、幸いにしてその戦いに勝って独特の還流文明を築いてきたのです。日本人はその闘いの歴史を忘れてはならないでしょう。
by antsuan | 2010-06-29 17:33 | 政治・経済 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/11428894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Emitan at 2010-06-30 09:54 x
前回のコメントの多かった事!何と馬鹿げた事を役所はするのでしょうね。でも愛国心?何処の国に行っても中国人が大勢居ますね?彼らは中国文化を大切にしている様な気がしますが、むしろ戸籍が無いだけに、中国人を主張する心が働くのでは?と言うより、ハワイで3ヶ月住んで見た時に成人してから移住しても其処には馴染めないと思い知らされました。
Commented by mimizu-1001 at 2010-06-30 12:52
>つまり、住みにくい国から済みやすい国に移住することに、なんの抵抗も持っていないばかりではなく、移った国の人々から収奪することさえも当然のことと思っているのです。

あんつぁん節さく裂だなぁ(笑)
過激だけど、一理ある気はします。
たしかに、便利さだけを求めて伝統を大事にしない人に、何かを守っていくことはできないと思います。
でも、これ↓はちょっとどうざましょ?

>ですから、国民として認知されていない人民に祖国愛なんてありません。

現在外国で生活してる人が泣くんじゃまい?
祖国愛というのとは違うかもだけど、住めば都でさ、その土地を愛してると思うけどな。
ましてや外国人のパートナーがいる人とかはさ、こういう発言は堪えると思うんだけど。
あんつぁんはやさしいのに、時々、わざとだろうけど、こういう物言いをするよね。
そうすることで奮起を促してるんだろうけど。
Commented by antsuan at 2010-06-30 17:25
・Emitanさん、風習は大切にしているでしょうが、チャイナの文化を大切にしているとはいえないのではないでしょうか。
何せ、文化大革命と称して前権力者のやったことをすべて否定し、知識人文化人をことごとく抹殺あるいは追放してしまったのですから。
Commented by antsuan at 2010-06-30 17:25

・みみずすましさん、日本には外国にはない戸籍制度というものが昔からあるんです。つまり、外国で出産しても日本人が親ならば必ず日本国民として認知される仕組みになっているんです。
ということで、文章全体を読んでいただければ、外国人のパートナーのいる人でも別に堪えるような意味合いでは無いことが分かると思います。

サッカー負けちゃいましたね。日本とスペインとの戦いに興味があったのですが残念です。もし戦うことになったら、カソルラさんはどっちを応援したんでしょう。多分、息子さんと一緒にスペインでしょうね。
Commented by sweetmitsuki at 2010-06-30 21:09
経済で勝者のニッポンが敗者のチャイナを背負う義務があるのは仕方がない事かと^^。
Commented by antsuan at 2010-06-30 21:37
・mitsukiさん、チャイナ自身がそれを認めればの話ですがね。