あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

野中広務の嘘


  東京新聞 TOKYO Web
野中氏「毎月5千万円使った」 機密費、評論家らに配る
2010年5月1日 00時03分
 小渕内閣で官房長官を務めた自民党の野中広務元幹事長(84)は30日、長官在任中に内閣官房機密費を「1カ月当たり、多い時で7千万円、少なくとも5千万円くらい使っていた」と明らかにした。共同通信の取材に答えた。
 内訳については、首相に1千万円、国会で野党工作などに当たる自民党国対委員長や参院幹事長に各500万円程度のほか、政治評論家や野党議員らにも配っていたと説明した。官房機密費は毎年十数億円計上されているが、官房長官経験者が使途を明らかにしたのは極めて異例だ。
 野中氏によると、評論家に転身した元政治家が小渕恵三首相に電話し「自宅を新築したから3千万円ほどお祝いをほしい」と要求したことや、野党議員から「北朝鮮に行くから官邸にあいさつにうかがいたい」と暗に機密費を要求されたこともあったという。
 野中氏は「前任の官房長官からの引き継ぎ簿に評論家らの名前が記載され『ここにはこれだけ持っていけ』と書いてあった。持っていって返してきたのはジャーナリストの田原総一朗氏だけだった」と証言。「政権交代が起きた今、悪癖を直してもらいたいと思い、告白した」と強調した。
(共同)


 『噂の眞相』的情報によれば、野中広務は北朝鮮の工作員だったといわれていますから、<野党議員から「北朝鮮に行くから官邸にあいさつにうかがいたい」と暗に機密費を要求されたこともあった>というのは嘘で、眞相は、野党議員を利用して北朝鮮に資金を提供していたと考えるのが自然です。

 小泉純一郎が平壌に飛んだ時に、野中広務は工作員だったことがバレて国会議員を辞めざるを得なかったと前にも書きましたが、今回も、金を北朝鮮に渡したことがバレる前に言い分けをしたに過ぎないと考えます。

 こういう腐敗が明るみに出るだけでも、政権交代の意味はあったと考えるべきでありますが、しかし、なかなかこのような事実が出てこないということは、与党も野党も一緒に腐っているといってよいと思います。
by antsuan | 2010-05-01 10:50 | 政治・経済 | Comments(0)