あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

衆参同日選挙と大連立

 asahi.com
首相辞任なら「衆参同時選かも」 仙谷戦略相が異例発言
2010年4月16日21時18分
 仙谷由人国家戦略担当相は16日、TBSの番組収録で、鳩山由紀夫首相が辞任した場合に触れ、「(前の衆院選から)1年で申し訳ないが、ダブルを問う可能性がある」と述べ、衆参同時選がありうるとの見方を示した。「(難局を)しのいで、課題を解決することで信頼を取り戻さなければ」と述べて、内閣の一員として首相を支える姿勢は示したものの、現職閣僚が首相の進退に言及するのは異例で、波紋を広げそうだ。
 仙谷氏は、出演者が首相が辞任した場合は解散して信を問うべきだと指摘したのに対して「永田町ではダブル説が流れている。おっしゃる通りかもしれない」と同調した。
 ただ、「1年ごとに首相が代わると、政党政治への不信、絶望感が生まれる」とも指摘。普天間問題などで苦しい政権運営が続く首相に「がんばってしのいでもらいたい」とエールを送った。

 幹事長の小沢さんならば、もうとっくにその手を読み切っていることでしょう。小沢さんは隠れ自民党員ですから、どうやって自民党と連立を組むかだけを考えていると思います。

 みそぎと称して衆参同日選挙をやり、衆参両方とも過半数をとれればそれでよし。とれなくとも、自民党が過半数を取る力はもうないと見透かしていますから、第一党は間違いなく、あとは連立先として自民党にリップサービスすれば、しっぽを振って付いてくると見下しているに違いありません。

 もし、自民党が本気で民主党と対峙する気があるのならば、もう一度小泉さんを担いで郵政民営化を叫ぶしかありませんが、執行部にそこまで腹の据わったものがいるとは思えません。

 つまり、衆参同日選挙をやったら完全に勝負ありで、自民党は小沢さんの軍門に降ることは目に見えています。

 しかし、これは国民にとっては最悪のシナリオで、大政翼賛会の二の舞いになってしまいますが、また、ひょっとして、小沢さんの運命の糸が途中で切れてしまったらどうなるか見当もつきません。
by antsuan | 2010-04-16 23:30 | 政治・経済 | Comments(6)
Commented by mimizu-1001 at 2010-04-17 00:28
ありますね、その目。
自民だけじゃなくて公明だって尻尾振りそうです。
みんなの党が公明並に議席獲得しても焼け石に水?
立ち枯れ日本は論外だし・・・。
(個人的には与謝野さん好きなんですがねぇ。タカ派でなければ平沼さんも)

いつだかあんつぁんが言った、亀井首相が現実味帯びてきましたね。
Commented by HOOP at 2010-04-17 01:34
ありそうなだけに、阻止に回る人も多いかも。

まずは、「こう」とつく政党はすべて非合法とする法案を可決。
しかるのちに、読みで「みん」とつく政党には、
すべて「みん」を外させる法案を可決。

かなり整理できるはずです。
Commented by nakanokeiichi at 2010-04-17 06:02
自民は解体してなくなっていると思う  あるのは ↑mimizuさんのパターンでしょう。  しかし 小泉さんは3年待つつもりだったんでしょう?こんなに早く出番が廻ってくるとは・・思ってもいなかった かも(笑)
Commented by antsuan at 2010-04-17 12:29
・みみずすましさん、大きな政府か小さな政府かという政策で言えば、みんなの党以外は大きな政府志向ですから、みんなの党は既に第二極的位置を占めていますが、残念ながら、平成の大政翼賛会を阻止するにはまだ力不足です。
Commented by antsuan at 2010-04-17 12:30
・HOOPさん、そういう法案を可決出来る国会ならば、なんの心配もいらないんですけれどね。
衆愚であって賢民でもある国民に期待するしかありません。
Commented by antsuan at 2010-04-17 12:30
・自民党が解体すれば、民主党も割れるというのがみんなの党の判断です。
nakanokeiichiさん、小泉さんは三年待つかも知れませんね。国際的世論に気兼ねなく国家を再建するにはそれぐらいの時間は必要かも知れません。