あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

ポストモダンという言葉があった


  「民主主義はもう古い」と、何度か書いたことがあります。しかし、多くの人がいまの時代を幕末の維新前夜になぞらえているというのに、それに共感してくれる人はほとんどいませんでした。

 それは、「近代」つまり「民主主義の時代」の限界に気付いた人は、非キリスト教社会の日本が近代化したことを称賛しつつも、神を否定するこの現象に、心の葛藤をしなければならなかったからで、実際には、「近代の次」を考える思想は、昭和五十年ごろにはもう存在していたのです。そして、イラク戦争と世界経済の破綻を見つめて、ようやく、自らが悪魔的な存在であることに気付き、心の亀裂を認めるようになりました。

 そう遠くない時代に、「ポストモダン」とは「日本化」を意味していることが明らかにされるでしょう。
d0001610_1254288.jpg

d0001610_12544669.jpg

by antsuan | 2010-04-12 12:54 | 思想・瞑想・時代考証 | Comments(6)
Commented by mimizu-1001 at 2010-04-12 17:18
キリスト教は、この世界のすべては神が作ったと信じる人にしか通じない理屈だし、、、と、とりあえずこれだけにしておこう。
この記事は別の方からもコメが入る気がするので(笑)、その上で追加コメするかも。
Commented by antsuan at 2010-04-12 19:32
・経済学( ≒ 民主主義)を創ったのは哲学者で、その哲学は神学者が創ったものです。
みみずすましさん、ですから、経済学が否定されてようやくキリスト教を離れることが出来たのでしょうね。
Commented by sweetmitsuki at 2010-04-12 19:47
そういえば「復活祭」って、昨日でしたっけ?それとも先週でしたっけ?
いずれにしろ花見に浮かれる日本人には、舶来の祭日どころじゃない季節ですね。
キリスト教やよその国の事はよく知りませんけど、春の到来の歓びを、宗教を完全に抜きにして祝うって、珍しいんじゃないのでしょうか。
世界が日本化するって、そういう事でしょうか。
Commented by antsuan at 2010-04-12 20:14
・そういえば、実りの秋に感謝することはあっても、花開く春の歓びを習慣的に祝うのは珍しいのかも知れませんね。

mitsukiさん、日本人は、千年以上も前のインドや支那の教えというか宗教から、あらゆる摂理を会得しているのですが、不思議なことに肝心の宗教は抜け落ちてしまっているのです。これが日本化という意味になってくると思います。
Commented by HOOP at 2010-04-12 22:17
宗教が抜け落ちているのではなく、あらゆる宗教を吸収したと言ってよいのでしょう。本来の仏教と違う、日本的仏教というものの存在は大きいです。
Commented by antsuan at 2010-04-13 10:37
・HOOPさん、日本的仏教、すなわち神道ではないかと思うのですが、「教え」ではなく歩むべき「道」であるところに、ポストモダンの真骨頂があるような気がします。
その点、騎士道の歴史を持っているスペインや欧州諸国は日本化の受け入れが早いのではないでしょうか。