あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

ある会合


  先日、昨年の台風で被害のあった葉山港のオーナー達による会合があったので行ってみました。神奈川県の港湾土木課の担当者も出席して、今後のことを議論したのですが、どんなに立派な建物の会議室でやったとしても、議論の中身が貧弱では興ざめというものです。それを思うと、隣の葉山マリーナにディンギーを置いていた頃が懐かしくなってきました。

 当時は、艇のオーナーというのはほとんどが資産家でもあったのですが、マリーナの経営側との摩擦は大なり小なり起きていて、葉山マリーナではヨットだけではなくパワーボートのオーナーの有志も集まって、葉山ブルーアンカークラブというものを作りました。

 私にとってこのクラブこそが、大人としての対応、礼儀、責任の持ち方を学んだいわば道場だったのです。葉山マリーナに艇を置き、会員になれたいきさつは、ブログを始めた頃に書いたので割愛しますが、そのクラブの初代会長の下で、レース委員をやらせてもらったり、マリーナ側との交渉の場に参加させてもらったことが、いまこうして、企業の経営者としてやってこれた基礎になっているといって過言ではありません。

 当時もいろいろ勝手なことをいうオーナーが沢山いましたが、そういう仲間をまとめ、交渉を実りあるものにした、葉山ブルーアンカークラブ初代会長の人徳には敬服するのみです。今回、同じ海の仲間なのに不毛な議論ばかりしているオーナーを見ていると、あの初代会長は、葉山マリーナの勝海舟だったのだなぁと思えてきてなりません。
by antsuan | 2010-03-08 20:18 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/10844266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。