あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

オバマを救え

 アメリカ大陸侵略を開拓と言い換え、独立後もアフリカ人を奴隷として使い、原住民を殺戮しながらも、民主主義を崇高な理想として憲法に掲げた米国。独立に血のにおいが漂うのは仕方ないとしても、差別が前提の民主主義は帝国主義の一形式でしかないことは明らかだ。

 しかし「自由」という「機会平等の精神」の旗頭でもある米国を支援することは、我が国が掲げてきた「民族共存の精神」とも合致するのだ。

 その米国で、ようやく差別を克服した大統領が就任した。彼がどれほど未熟であってもそして米国がいかに腐敗していようとも、一条の希望の強い光であることには疑いもない。

 敢えて云おう。チャイナ、朝鮮半島、ロシアから距離を置き、そこへつぎ込んでいた資金を米国に供給して、米国経済を直ちに活性化させるのだ。それらの諸国には日本の経済支援の有難みを思い知ってもらった方が良い。

 我が国は、貧困という言葉を知らない世代が大半を占める、成功した経済大国である。さぁ、日本人よ、自国のことばかりを考えず、疲弊した世界経済に目を向けたまえ。

 多くの民族を貧困から脱却させることが出来るのは、自由経済を成し遂げた国でしかない。社会主義的な統制経済では絶対に無理なのだ。

 窮地に陥っている米国のオバマ大統領に救いの手を差し伸べよう。それは全然難しいことではない。小泉純一郎がブッシュを支えたように、米国債をじゃぶじゃぶ買いまくれば良いのだ。

 そのかわり、オバマ大統領には靖国神社へ参拝してもらおう。あるいは、マッカーサー元帥が米国議会の公聴会で述べた言葉、「日本にとってあの戦争は主に自衛のためだった」を大統領として認知させることだ。

 これによって、日本人は再び目を覚まし、世界経済に奉仕し続けることであろう。
by antsuan | 2010-03-01 17:54 | 政治・経済 | Comments(4)
Commented by mimizu-1001 at 2010-03-01 18:17
まだ風邪の熱が下がっとらんの?(逃)
Commented by antsuan at 2010-03-01 18:45
・本当はこっちも救って欲しいのよ。(苦笑)
Commented by Emitan at 2010-03-01 23:02 x
ふふふっ!お二人さん天敵みたいなやり取りがあるかと思えば、名コンビですね。先月はお会いになったようですが、矢張り私も是非お会いしたいですね。連絡します。其れまでに風邪治して置いて下さいな。
Commented by antsuan at 2010-03-02 11:41
・Emitanさん、ブログってこういう面白さもあるんですよね。(笑)
こちらも楽しみにしております。