あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

善意は何も救わない

d0001610_17313852.jpg

d0001610_17435621.jpg

d0001610_1744987.jpg

d0001610_17504571.jpg


 高山正之という報道記者は朝日新聞を貶して食べていける珍しい人です。しかし、彼が週刊新潮に書いている「変見自在」は、マスメディアに煽られ躍らされた情報の裏に何が隠されているかをしっかりと教えてくれます。

 白人と原住民との合いの子をクレオールというのだそうですが、困ったことに人種差別の問題をこのクレオール、つまり混血児問題がより複雑にしています。この本にあるハイチだけでなく、欧州の植民地であったアジアの多くの地域でも、このクレオールによる原住民の差別が後を絶ちません。チモールやフィリピン、タイにシンガポールなど殆どの国が火種を抱えています。

 ベトナムは長い独立戦争により、白人系や華僑、つまりチャイナ人の血が混じっている人びとを追い出しました。いわゆるベトナム難民とかボートピープルといわれた人びとは混血の人びとだったのです。

 米国という国は「人種平等」を謳っていますが、あまりにも多くのクレオールを産み出してしまったがために仕方なくそう言っているに過ぎないのです。オバマ大統領はいわゆるクレオールであって、米国の人種差別問題はよい方向には向かっているのですが、けっして解決したわけではありません。

 翻って我が国では、白人のいう、「人間ではなく家畜と同じ存在としての奴隷」はとうの昔に否定していて、異民族を自分たちと同列にあつかっていました。ですからクレオールみたいな差別を理解出来ずにいるのです。

 しかし、この当たり前だと思っている「善意の平等」では、何も解決しないのが世界社会であることを今一度認識しておくべきでありましょう。 
by antsuan | 2010-02-07 17:38 | 文学・教育・科学・医療 | Comments(6)
Commented by mimizu-1001 at 2010-02-07 22:57
日本だって、同じ日本人なのにとんでもない差別してる例が、今も各地にしっかり残ってるじゃないですか。
それにまつわる利権もありますが、それを免罪符にしている節もある気ががします。

で、記事が言わんとしていることとは別なのですが、善意が何も救わないというのはそのとおりと思います。
正確には、善行が社会をよくするわけではないし、逆に悪行が社会を悪くするわけでもないと言った方がわかりやすいかも。

で、で、で。
「なぎさ橋珈琲」了解です。
PAで寝てしまったり、渋滞につかまったり、道に迷ったりで時間がずれるかもしれませんが、その時は早い目に連絡入れますので

よろしくお願いしますm(_ _)m

ところで、昨年12月、渡辺喜美さんの公設秘書が人身事故起こしてクビになったってホント?
Commented by sweetmitsuki at 2010-02-08 03:11
近代、日本に移民してきた人達は食肉の解体とか皮革製品の加工、あるいは炭鉱の発掘といった、日本が近代化する上で必要不可欠な技術を持った職人が多かったですから、日本人は彼らを「善意」で「平等」に扱っていたのではなく、その技術と引き換えに「対等」に扱わざるを得なかったのだと思いますよ。

お体には気をつけて、無理をなさらずゆっくり養生してください。
Commented by antsuan at 2010-02-08 08:02
・>善行が社会をよくするわけではないし、逆に悪行が社会を悪くするわけでもないと言った方がわかりやすいかも。
みみずすましさん、その通りだと思います。差別のない社会などこの地球上ではあり得ないことなのですが、奴隷に対する白人の認識の恐ろしさを日本人はしっかりと理解するべきでしょう。

こちらは携帯を二つ持っているので、違う携帯からかけるかも知れませんが拒否らないでね。

公設秘書の話は耳にしたことはありません。
Commented by antsuan at 2010-02-08 08:02
・mitsukiさん、この本を読みながら侵略と開拓の違いに気がつきました。
「侵略」とは多民族を支配することですよね。「開拓」とは人のいない未開のところを切り開くことです。
白人は開拓をしたのであって侵略をしたのではないのです。つまり、原住民を獣と同列視していたわけです。
こんな善意の解釈では何も救われないことは明らかでしょう。
「善意」も「悪意」も白人と日本人では思考形成に大きな隔たりがあるのじゃないかと思います。

有り難う御座います。もうちょっと休養します。
Commented by Emitan at 2010-02-08 23:15 x
アメリカでは黒人の血が一滴でも入っていれば黒人なんですよね?
Commented by antsuan at 2010-02-09 11:41
・Emitanさん、アメリカは不思議な国ですよね。自分に都合の良いように勝手に解釈しているんですから。