あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

勝海舟

 勝海舟、こういう男になりたかったなぁ。

 この頃、三男が図書館から借りてきた本を、また借りして読んでいます。小学生向けの本って本当に読みやすいし分かりやすいので、寝る前に読めてしまうのですが、なぜか感動ばかりしています。
d0001610_032313.jpg

by antsuan | 2010-01-25 08:31 | 文学・教育・科学・医療 | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/10698104
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 掬ってみれば無数の刹那 at 2010-01-25 19:01
タイトル : 勝海舟と
墨田区、街路樹の根元にはほとんどすべてなんらかの植木が植わってます。 この花、きれいですね。 区役所にあった勝 安芳(勝海舟)の像 吾妻橋の西詰(浅草側)には、水上バスの乗り場があって、 乗ろうとする人が長蛇の列をなしていました。 勝海舟自伝―氷川清話 勝 安芳  葛飾北斎 「吾妻橋ヨリ隅田ヲ見ル之図」 吾妻橋―近藤酔舟句集 本所深川ふしぎ草紙 勝 安芳(海舟)の著作 東亰   中里 和人 江戸・東京歴史の散歩道―...... more
Commented by HOOP at 2010-01-25 19:00
安房守さんは、墨田区役所の敷地にお立ちになって、
江戸の町を見守ってらっしゃいますね。
Commented by antsuan at 2010-01-25 19:31
・これだけの苦労人を新政府の庇護の下にいるなと福沢諭吉がけなした理由が解りません。内戦を未然に防いだ功績を知らなかったのでしょうか。
Commented by HOOP at 2010-01-25 21:50
それは、福沢さんが福沢さんだからでしょうね。
「勝麟太郎は船に弱い」なんて書いてますね。
Commented by antsuan at 2010-01-26 00:22
・HOOPさん、時代を切り開いた人と新しい時代を築き上げた人の違いでしょうか。
人気作家の福沢諭吉は教育界の中心にいたのと対照的で、役目を負えたら表舞台から静かに身を引く潔さがたまらなくかっこいいです。
Commented by hanaco at 2010-01-27 20:36 x
今頃ですが、そうですね、小学生向けは、大人にはとても簡単です。でも、私は、このあたりから抜け出せずに、未だ、大人むけの小説って言うものが苦手です。また、違った観点からすると、小学校高学年から中学生の読書量というのは、ものすごく差があって、読んでいるのは一部の子供たちのような気がしてなりません。(仕事を通して感じることは、今、本が読めない子供が多いと言うことです)
先月ご紹介していられた『しいちゃんへのおくりもの』、読みました。とても、心温まるストーリーで。たしか、発売した頃、新聞でも紹介されていたように思うのですが。(こちらの地方紙だったかもしれません)
Commented by antsuan at 2010-01-27 22:20
・イヤー、ハナコさん、わたしも大人向けの本もすべてふりがなをつけて小学生でも読めるようにするべきだと思っているのです。

本が読めないのではなく、本を読む気にさせていないのではないでしょうか。

読売新聞に載っていましたが、全国紙だったんですね。
ご購読有り難うございます。
男の子にとってお母さんこそがマリア様なんだと思っています。