あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

森永卓郎氏の講演

 日本生命湘南支社が主催する森永卓郎氏の講演を聴きに行ってきました。
d0001610_11355292.jpg

 マスメディアに出演しているだけあって、非常に砕けた面白い話しぶりでした。過去の世界経済分析については、サッチャー時代からの市場原理主義を、小泉・竹中構造改革までけちょんけちょんに貶していまして、それはそれで説得力のある話だったのですが、それではあの時の流れに逆らって経済的な国際関係を維持しえたかといえばそうではないのであって、結果的に、いち早くバブルが弾けた日本が一番健全な経済運営をしていたことになると、話を聞いて思いました。

 ついで、これからの我が国の処方箋ですが、これも森永氏はなかなか面白いことを言っています。イタリーのようなアート重視のユニークな製品を創れというのです。その通りだと思います。じつは、物作りにはこだわりが必要なのです。そのこだわりは技術と芸術が融合したいわゆるアートなのです。しかし、わたしはその「アート」を「文化」と解釈しました。

 今の日本は、独自の伝統文化を再生した産業活性化対策を立てればよいのです。そんな大騒ぎをする必要もなく、地元の職人が黙々とやっている技術の価値を見直せば良いだけの話なのです。磨かれた瓢箪に骨董屋では価値がつき高く売れるのとおんなじ原理です。遊び心を失わない楽天的な思考が経済を活性化させるのです。

 皆さん、何かにこだわって一つだけ贅沢をしませんか。任天堂のゲームマシンが売れるような日本の未来は明るく輝いています。
d0001610_11371058.jpg

by antsuan | 2010-01-15 12:58 | 政治・経済 | Comments(2)
Commented by mimizu-1001 at 2010-01-15 20:00
あんつぁんが悟りを開いた件について(笑)

↑↑冗談めかしてるけど褒め言葉ですから(説明の必要ないと思うけど)
Commented by antsuan at 2010-01-15 21:52
・う〜ん、五段目が付け足しだと気がついたみみずすましさんには「悟りを開いていた」と、言って欲しかった。(笑)