あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

風の強い冬の朝

 どうも不安定なのは政治経済だけでないらしい。寝しなには伊豆で、そして明け方には栃木で地震があった。日本の場合は政情不安と自然災害は関連しているようだ。それが日本人の信仰心にもかかわっていると思う。
d0001610_7303186.jpg

by antsuan | 2009-12-18 07:30 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/10570429
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by HOOP at 2009-12-18 14:06
今朝は寒くて身体が震えているような気がして目が覚めましたが、
そんな細かい振動が10秒ほど続いてからグラグラ揺れました。
震源まで100から150kmくらいかなと思ったら、
水平に50kmほど離れた震源地で深さが80kmと大体計算通りでした。

それにしても寒いし、風が冷たいですね。
Commented by antsuan at 2009-12-18 15:56
・揺れは栃木の方が強かったのですが、こちらはやっぱり伊豆の海底地震の方が怖いです。相模湾の海底が地滑りすれば確実に津波が襲ってきますので。
Commented by yuuko-11 at 2009-12-18 16:32
<伊豆群発地震>らしいですね。
と書いてから、
そういや、こっちでもあったことを思い出しました。
(当方では、あったと感じた人は感じたくらいの揺れでしたが)
Commented by antsuan at 2009-12-19 09:36
・夕子ママさん、あそこの火山帯は今なお活発なので本当に怖いです。昭和新山や洞爺湖温泉の火山のように徐々にせり上がるのではなく、一気に噴き上げる可能性が大です。そうしたら伊東市や熱海周辺はそれこそ未曾有の大災害になります。
今の政情不安にかんがみて、地震か火山による大災害は十分に予想されるところです。