あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

オバマ米国大統領の「正しい戦争」の意味するもの

平和賞授与でオバマ氏、アフガン「正しい戦争」

オスロでノーベル平和賞の賞状とメダルを手にするオバマ米大統領。左はノーベル賞委員会のヤーグラン委員長=松本剛撮影
 【オスロ=黒瀬悦成】オバマ米大統領に対する2009年のノーベル平和賞の授与式が10日、オスロの市庁舎で行われた。
 現職の米大統領の平和賞受賞は、1906年のセオドア・ルーズベルト、19年のウッドロー・ウィルソン両氏に続き3人目。
 授与式での演説でオバマ大統領は、「平和を維持するためには戦争という手段が演じる役割もあるのだ」と述べ、アフガニスタン戦争を「正しい戦争」と位置づけた。その上で、今月1日に発表したアフガンへの米軍追加増派に関し、「米国民が直面している脅威を座視は出来ない。交渉でアル・カーイダを武装解除することは出来ないのだ」と語って戦争遂行の必要性を強調した。受賞理由の一つとなった「核なき世界」についても、実現に向けた決意を改めて表明した。
 
(2009年12月11日01時31分  読売新聞)

 オバマ大統領は偉大なる政治家といってよいでしょう。しかし、出来ることならばこういう発言は日本の政治家が主張して欲しかったと思わざるを得ません。

 なぜならば、この平和賞受賞の演説を読めば読むほど、東京裁判は否定され、過去における日本の軍事行動は正義と見なされるからなのです。つまり、アメリカは、大東亜戦争における正義が日本にあったことを、戦後六十余年を経てようやく認めたのであります。

 東京裁判におけるパル判事の判決書は有名な一文で締めくくられています。このことは渡辺昇一著の「『パル判決書』の真実」(第十二章 正義の天秤)に書かれているので、改めて紹介致します。

〈「時が、熱狂と、偏見をやわらげた暁には、また理性が、虚偽からその仮面を剥ぎとった暁には、そのときこそ、正義の女神はその天秤を平衡に保ちながら過去の賞罰の多くに、そのところを変えることを要求するであろう」〉
 牛村圭氏が『文芸春秋』二〇〇七年九月号で紹介しているが、これはジェファソン・デービスという南軍の大統領だった人の言葉である。デービスがなぜ、こういうことをいったのか。それは南軍の捕虜収容所長だったヘンリー・ワーズ大尉の死刑が関係している。ワーズ大尉は北軍の捕虜を残虐に扱ったという理由で死刑を宣告されたが、そこには根拠がなかったので、「全部悪いことをしたと認めろ。ただし、それは南軍大統領ジェファソン・デービスの命令であったといえば許される」と北軍側からささやかれた。ところが、ワーズ大尉は「そんな嘘はつきたくない」と拒否して死刑になった。デービスはこの大尉に心を痛め、汚名は晴らされるということを記したのである。
 この言葉はぴったり東京裁判に当てはまると思う。「予言」といってもいいほどだ。時がたてばたつほど、日本を裁いた側の「罪」が明らかになってきた。アメリカ自体も無差別爆撃、原爆と、天人ともに許されざる犯罪に手を染めていたし、アメリカが同盟国としたソ連も悪辣であった。インドネシアに対するオランダの数百年にわたる掠奪、フランスのベトナムやラオスなどに対する悪質極まりない収奪、イギリスのビルマに対する残虐な統治・・・・・・。すべて時がたって明らかになった。まさに、「予言」のとおりである。
 また、日本が重視したのは共産主義の侵入だったが、日本が敗戦するとあっという間にシナ大陸は満州を含めて共産主義国になり、さらに時間がたってわかったのは、共産主義政権の毛沢東が数千万の自国民を殺したということだった。
 これらのことを思い致すとき、パルが訴えたかった「正義」が、あらためてわれわれの胸を衝くのである。


 残念ながら、オバマ米国大統領が東京裁判におけるパル判決書を知っていて、このような演説をしたとは思えないのですが、いずれにせよ、政治家として平和の希求の仕方を明確にしたことは、人種差別の無い平和を目差す意味で大いに意義のあることといえましょう。



オバマ氏のノーベル平和賞受賞演説要旨(1)
 この栄誉を深い感謝と謙虚さをもって受け取る。

 大事なのは、我々のとる行動であり、正義の方向へ歴史を変えることは可能だ。これまでに平和賞を受賞した歴史上の偉人と比べると、私の業績はささやかなものだ。今回の受賞に関して最も深い問題は、私が二つの戦争を戦っている国の最高司令官であることだ。我々は戦争をしており、私は何千人もの米国の若者を遠い国の戦場に送った責任を負う。殺す者も、殺される者もいるだろう。
 歴史を通じ、哲学者や聖職者、政治家が戦争を規制しようとしてきた。その中で「正しい戦争」の考えが生まれ、最後の手段や自衛といった前提条件を満たした場合のみ、戦争は正当化されている。この正しい戦争という考えは、ほとんど守られてこなかった。
 私は今日、戦争の問題の決定的な解決策を持ち合わせていない。正しい戦争の概念について新たに考え直さなければならない。
 私たちが生きている間に、暴力的紛争を根絶することはできない現実を認めることから始めなければならない。世界に悪は存在する。交渉で(国際テロ組織)アル・カーイダを武装解除することはできない。平和を維持するために戦争という手段が演じる役割はある。しかし、どのように正当化されようとも戦争は人類の悲劇だ。我々の課題は、この相いれないように見える二つの事実に折り合いをつけることだ。
 強国であれ弱国であれ、武力行使に関する規範を守るべきだ。私は、我が国を守るために必要な場合、単独で行動する権利を留保する。規範を守らないものは孤立し、弱体化する。
 脅威が拡散し任務が複雑になった世界では、米国だけで行動することはできない。アフガンについてもそうで、北大西洋条約機構(NATO)や他の同盟国が勇気ある行動によってそれを証明している。平和は義務を必要とし、犠牲を伴う。
 (2)へ続く。
(2009年12月11日01時28分  読売新聞)

オバマ氏のノーベル平和賞受賞演説要旨(2)
 戦争という悲劇的な選択を回避するため、正しく永続的な平和を構築することのできる三つの方法について語ろう。

 第一に、ルールや法律を破る国々に対処するため、彼らの行動を変えさせるに十分な、暴力に代わる選択肢を編み出さなければならない。ルールを破る政権には、責任を負わせなければならない。真っ先に取り組むべきなのは、核兵器の拡散を防ぎ、核のない世界を追求することだ。我々は、イランや北朝鮮のような国家に、(核拡散防止の)制度をもてあそぶなと主張するべきだ。
 第二に、平和とは、目に見える紛争が起きていないというだけではない。すべての人が生まれながらにして持つ権利と尊厳に基づく正しい平和こそが、真に永続的なものとなりうる。
 第三に、正しい平和は、経済上の安全と機会を含まなければならない。真の平和とは単に恐怖からの解放ではなく、困窮からの解放なのだ。
 世界は共同で気候変動に立ち向かわねばならない。もし何もしなければ、我々はさらなる日照りや飢えに直面することになる。
 ガンジーやキング牧師が実践した非暴力は、あらゆる状況で有効ではなかったかもしれない。しかし、彼らが説いた愛や人類の進歩への信頼こそが、我々を導く北極星でなければならない。
 抑圧は常に存在するだろうが、それでも正義のために努力しよう。今後も戦争が起こるだろうが、それでも平和のために努力しよう。
(2009年12月11日01時31分  読売新聞)

by antsuan | 2009-12-11 08:13 | 思想・瞑想・時代考証 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/10547073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2009-12-11 23:44 x
 この記事を読んで麦茶を吹いてしましました。 
オバマもあなたのこの文を読んだら大笑いするでしょう。
オバマやブッシュ、またかれらの背後にいる人間達の存在を
あなたはご存知なのかと思っていた。
彼らがなんでデッチアゲの戦争をしているのかも。
どうやら違っていたようですね。
アフガンの戦争の正当性を本気で信じているんですね?
おめでたいとはマサにこのことです。
こちらで勉強されてみてはいかがですか?
ttp://www.youtube.com/watch?v=EeWqlJHzcSo
Commented by sweetmitsuki at 2009-12-12 04:49
パールのいう女神の天秤の平衡とは連合国側の悪を非難しているのであって日本に正義があったという意味ではないと思うんですけど。
いつまでこんなドロ試合を世界は続けるつもりなんでしょうね。
オバマはchangeを「出来る」と言っていたのに泥沼化しつつあるアフガン戦争を正しい戦争と断言しましたか。
あ~あ、がっかりです。
Commented by antsuan at 2009-12-12 07:59
・歴史を学ぼうとしないtさんにはオバマの演説は理解しがたいものと容易に想像できます。
Commented by antsuan at 2009-12-12 08:00
・パル判事は後日ある日本人に感謝されたときに、「私は日本人を弁護したのではありません。国際法を守ったのです」という趣旨の言葉を残しています。つまり、国際法という天秤で量れば正義は日本の方にあると述べたに過ぎません。

アフガンは軍閥が跋扈していた満州の平定を参考にするべきだと思います。

mitsukiさん、オバマのchangeは考え方を変えようというものでもあります。
Commented by t at 2009-12-12 22:11 x
 私が「歴史を学ばないのであれば」あなたは
「現実を学ばない」。アフガン戦争など嘘っぱちだ。
イラク戦争もそう。全てデッチアゲなんですよ。
自分達で戦争をデッチアゲて、自分達で儲けているんです。
それをわかっていないのですか?
それを知らないで、「肯定する」とは本当に恥ずかしすぎる。
オバマにしても、あなたの記事を読めば、
「鴨がネギしょってきて、尊敬してますみたいなこと
言ってたけど意味わかんなかった。喰っちまうか(笑)」
という感じでしょう。
Commented by antsuan at 2009-12-13 01:53
・t さん、あなたは歴史だけでなく小学生程度の学習能力すら持ち合わせていないらしい。
このエキサイトブログにはしっかりとした利用規約があります。
今後、無礼な言葉遣いの発言をしたならば削除します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
米国経済には戦争が組み込まれているのは公然の秘密です。
       ↑
こういう簡潔な発言を求めます。

歴史からはっきりしていることは、自由(資本)主義も社会(共産)主義も帝国主義もみな収奪主義の思想なのですよ。
その理不尽な無法社会の中をどう生き抜いて行くかを模索するのが政治というものなのです。
だから戦争なんか無くなるわけがない。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
断わっておきますが、あなたと議論を続けるつもりはありませんので書き込みは不要です。
Commented by sweetmitsuki at 2009-12-13 05:52
オバマはアメリカがベトナムを交戦で武装解除させられなかった歴史をご存じない筈がありませんよね。
アメリカが金儲けどころか戦争によって深刻な経済危機に陥っている現実すら理解出来てない人のコメントなんかどうでもいいですけど、暴力に暴力で報復するを正義だと定義したら、人類は永遠に殺戮を繰り返さなければならなくなってしまいます。
Commented by antsuan at 2009-12-13 09:14
・mitsukiさん、武力はすべて暴力でしょうか。言葉でだって人を殺すことが出来ます。また、人類は「正義」という概念を捨てることが出来るでしょうか。人類はほかの生物を殺戮して生きています。平和共存思想は"必要最低限"の殺戮を認めるところにあると思います。
武士道や騎士道の規律である「決闘」は暴力とは云わないと思います。
Commented by mimizu-1001 at 2009-12-13 13:30
呼ばれてもないのにじゃんじゃじゃーん!

武力は全て暴力じゃないですか?
例えば正当防衛だって、立派な暴力だと思います。
だから、正当防衛が行きすぎて過剰防衛になったら罪になっちゃうわけで。
要は、その時の社会が、その暴力(必要最低限"の殺戮)を必要と認めた場合は許されるというだけの話じゃないでしょうか。
許されるという話と、暴力であるかないかという話は違うと思います。

僕は歴史に疎い人間ですが(今さら学ぶのもしんどいし)、歴史を知らなくても、オバマさんの葛藤は伝わってきます。
自国の行為を認めてほしいと主張しなければならない立場であることを気の毒に思います。
でも、それを主張するなら、平和賞は辞退してほしかったな。
Commented by antsuan at 2009-12-13 17:50
・みみずすましさん、オバマ大統領は平和賞を辞退したほうがかっこよかったと私も思います。そして彼の立場における見解もおんなじです。

しかし、武力が全て暴力であるとしても人が生きて行くためには"その暴力"を否定するわけには行かないと思います。「魚や鳥は暴力を使って殺してもいいのならば、人に対しても許されるはずだ」というのが私の持論です。つまり、魚の命と人間の命は平等であるべきだと思っています。

日本人は命を提供してくれたものに対して感謝する習わしがあり、これこそが平和の象徴であると考えます。だから戦って死んだ人を祀るべきなのです。ところが、昔の日本人は殺した相手を祀っていたのに、明治以後はそれをやめてしまいました。それは海外で戦ったことにも因るのですが、願わくば硫黄島などに日本人と戦って死んだ人々の慰霊のための神社を建立するべきだと思うのです。
Commented by mimizu-1001 at 2009-12-14 09:11
>つまり、魚の命と人間の命は平等であるべきだと思っています。
前のブログで書こうと思って書かずじまいになってる「なぜ人を殺してはいけないのか」ってネタ。
僕は自分の中でこの答えが出せずにいます。
一夫多妻イクナイ!と言われてるのも、なぜ?と思っています(笑)
Commented by antsuan at 2009-12-14 10:39
・不器用なものですから、一夫多妻なんてとても身が持ちません。つまり弱者救済ということで、基本は一夫一婦制でよろしくお願いしたい。(笑)