あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

温暖化ねつ造疑惑

                             毎日JP
2009年12月6日 21時23分
<地球温暖化>英の科学者に「根拠」データ操作疑惑

 地球温暖化の原因を人間活動であると誘導するため、科学者がデータを操作したとの疑惑が持ち上がっている。データは国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」の報告書にも採用されており、7日に開幕する国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)への影響が懸念される事態にまで発展している。

 疑惑は先月、気象研究で著名な英イースト・アングリア大のコンピューターに何者かが侵入し、研究者がやりとりした96~09年の数千通の電子メールが公開されたことが発端となった。

 同大のフィル・ジョーンズ教授のメールに、1960年代からの気温低下を隠そうと、「『トリック』を終えた」との記述があったという。温暖化の懐疑論者は「データをゆがめた証拠」と指摘。今月には米下院でも取り上げられ、温暖化に懐疑的な共和党議員が「メールが本物であれば、気候変動に関する科学すべてに疑問が及ぶ」と主張した。

 ジョーンズ教授は声明で、自分で書いたメールとしながらも「文脈から切り離されている」と反論。大学は第三者による調査実施を表明、ジョーンズ教授は職務を離れることになった。IPCCは「報告書の結論は揺るがない」と見解を発表、対応に追われている。

 一連の騒動はニクソン米大統領が辞任するきっかけとなった「ウォーターゲート事件」をもじって「クライメート(気候)ゲート事件」と呼ばれている。COP15を前にした陰謀説もあるが、科学者の間では「温室効果ガスだけが原因と強調しすぎるのは問題」との声も絶えない

 IPCCは07年、「20世紀後半の気温上昇は人間活動が原因である可能性は90%以上」などとする報告書をまとめ、各国に早急な温暖化対策を呼びかける引き金となった。【足立旬子、田中泰義】


 地球科学を学んだ人なら二酸化炭素の増減と気象変動との相関関係について理論が確立していないことは常識であります。現実に二酸化炭素は増え続けているのに、西暦二千年以降は寒冷化が始まっているとの観測が記録されています。

 ただし、有史以来の人間社会について、燃料の無駄遣いが激し過ぎている危惧を、科学者は抱いていることも事実ではあります。それは、ピラミッドの煉瓦を作るためにナイル川周辺の木々を燃料にして砂漠化し、また、万里の長城を造るために支那大陸の緑を燃料としたために砂漠化したことからも実証されています。

 したがって、燃料効率を高める地球に優しい政治経済が喫緊に求められていることは間違いありません。そのためには、原子力の平和利用がこれからの時代を切り開く重要な鍵となるはずです。
by antsuan | 2009-12-07 12:27 | 自然・ブルーウォーター・競技 | Comments(4)
Commented by nakanokeiichi at 2009-12-07 12:53
BBCのドキュメンタリー番組 『温暖化詐欺』は有名ですよね。
 CO2が増えて温暖化するのではなく 温暖化するとCO2が増える そして食料も増産される。   
そう  高速増殖炉に知恵と予算をつぎ込む必要があるはずです
Commented by antsuan at 2009-12-07 14:50
・ブッシュ大統領がもう少し頭が良かったら、京都議定書でたんまり日本から金をせしめることが出来たはずなんですけれどね。アブナイところでした。

nakanokeiichiさん、高速増殖炉については今世紀前半に実用化を始めないと今のままでは大変なことになります。

国内では「格差」が問題になっていますが、国際的に見たら、核爆弾を含めた「原子力格差」が政治問題化していることに日本人は気づく必要があるでしょう。
Commented by nakanokeiichi at 2009-12-07 15:36
高速増殖炉については いまごろ独走状態で世界を引っ張っているはずやったんですが・・・・プライオリティのない政策のおかげで三流国家に格下げですね。
Commented by antsuan at 2009-12-07 18:14
・原子力船「むつ」といい、バカなことをお上はしていますね。
nakanokeiichiさん、三等国家? いやいやもう番外に落ちていますよ。