あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

おみごと!

日航が冬のボーナス全額カット、労組に提案
2009年11月6日(金)22時39分配信 読売新聞

 経営再建中の日本航空は6日、全8労働組合に対して冬の一時金(ボーナス)を全額カットする方針を伝えた。

 年間で数十億円のコスト削減になるという。ボーナスが支給されないのは1987年の民営化後初めてとなる。10月末に企業再生支援機構に支援要請を行い、公的資金の投入に対する国民の理解を得るためにはボーナス支給は困難と判断したとみられる。同日に開かれた説明会で西松遥社長が提案した。

 日航は当初、2009年度の一時金支給について、夏冬合わせて「月給の2・1か月分プラス4万円」とすることで最大労組のJAL労働組合と合意し、夏は合意通りに支払われた。


 「オールウェイズ三丁目の夕日」の時代、国策による石炭産業から石油産業への転換により、国民の多くが職を捨て住み慣れた土地を離れて行きました。そして、「去るも地獄、残るも地獄」という悲惨な言葉が流行りました。

 いままた、あの時と同じ「去るも地獄、残るも地獄」の世相になっています。しかも今度は戦勝国に追いつくと云う目標もありません。あるのは"友愛"のみです。

 日本航空の経営陣の出した決断はみごとです。生き残るためにはそこまでやらねばならないと云う覚悟がにじみ出ています。

 さあ鳩山首相、今度は貴方の番ですよ。国債を増発するならば、公務員の賞与を全額カットしてからにしてもらいましょう。いや、小泉構造改革を批判するのならば、国債の増発は絶対にしてはなりませぬ。
by antsuan | 2009-11-07 12:57 | 政治・経済 | Comments(2)
Commented by eWIND at 2009-11-09 17:32 x
人の事とは言え、友人のお船これから維持するのが難しくなりそうです
共同オーナー募集しないといけませんね。
Commented by antsuan at 2009-11-10 11:08
・まず隗より始めよで、「民間」に構造改革を強いる前に、鳩山さんはやるべき事があるんじゃないかと思います。