あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

公務員とは「身分」だったのか


 「政権交代が大政奉還ならば、公務員制度の改革は武士の『身分』の廃止ということになる」と、堺屋太一が月刊『ボイス』十一月号で述べています。

 それでハタと気がつきました。橋下大阪府知事が厳重注意した府の職員は、自分は公務員の身分であり、庶民の代表の身分でしかない知事は"公務"に口を出すなと言いたかったのでしょう。

 知事という『身分』の者と社長という(管理)『職業人』と比較するのは、妻という身分の者とバーのマダムという職業人を比較するようなもので、確かに同列に見るのはおかしいことです。府の女性職員は橋下知事に対して、「このような感覚」、つまり"身分"と"職業"を同列にあつかう感覚は恐ろしいといいたかったのでしょう。

 しかし、この女性は公務員は"サービス提供従業員"であることを忘れています。彼女の給料は『身分』にたいして支払われているのではなく『労務』の対価として支払われているのです。そのことを理解していない、あるいは理解できない府の職員は辞めさせるのが妥当というものです。

 官僚主導の政治をやめた民主党政権は、『公務員の身分』を取り上げて彼らを職業人に変えることが出来るでしょうか。それによって、民主党新政権は"文明開化に向かった尊王攘夷派"なのか、ただの"幕府内の交代した主流派"なのかを見極めることが出来ると、先の本で、堺屋太一は述べていました。



 この記事は寝しなに書いたために、『夫』の身分の行使を優先するべく床についたので、公開するのが遅れました。

by antsuan | 2009-10-10 22:50 | 政治・経済 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/10324686
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mimizu-1001 at 2009-10-11 22:10
下のふたつの記事へのコメ、自分のブログへのコメレスと一緒に投稿しようとと思って下書きしたものなのですがちょっと忙しかったので。
ですので、この記事がUPされた後では今更という気がしますが、せっかく書いてたからもったいないし。

で、この記事ですが、あんつぁん節だなぁ(笑)
若干うーんとうなりたくなるけど、大筋合意です。

身分という点で話をすれば、派遣社員は正規社員の部下ではありません。
でも、正規社員の中には派遣社員を部下だと勘違いしてる人も多いような気がします。
橋下さんの「上司」発言も、それに近いものじゃないかなぁと。
Commented at 2009-10-11 22:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by antsuan at 2009-10-12 06:47
・鍵コメさん、うれしい知らせを有り難う御座います。
Commented by antsuan at 2009-10-12 07:23
・>身分という点で話をすれば、派遣社員は正規社員の部下ではありません。
同意します。
で、(まめ)たぬきの雑記のgabefunyaaさんみたいな問題も出てくるのですよね。
国鉄は酷かったですよ。組合が強くて職員はほとんど働かずに下請けにばかり仕事をさせていました。

わたしは正規社員を無くして、プロ野球選手みたいに、全員派遣社員にしてみてはどうかと思っています。
Commented by cazorla at 2009-10-16 06:04
夫の身分の行使・・・・(笑
Commented by antsuan at 2009-10-16 08:51
・カソルラさん、独占出来るから幸せ。(笑)