あんつぁんの風の吹くまま

ブログトップ | ログイン

「友愛」の正体


民主党幹事長、政権交代後は「首相の靖国参拝と内政干渉は行わない」—中国紙
 2009年8月4日(火)14時28分配信 @Record China

3日、民主党の岡田克也幹事長は都内で中国メディアの合同取材を受け、今月末の衆議院選挙で民主党政権が誕生すれば、首相の靖国神社公式参拝や中国への内政干渉は一切行わないと述べた。

2009年8月3日、民主党の岡田克也幹事長は都内で中国メディアの合同取材を受け、今月末の衆議院選挙で民主党政権が誕生すれば、首相の靖国神社公式参拝や中国への内政干渉は一切行わないと述べた。中国新聞網が伝えた。

岡田幹事長は、「民主党は結党以来、一貫して日中関係を重視してきた。鳩山由紀夫代表や小沢一郎代表代行を始めとする党幹部たちは各々の政治活動において常に日中関係重視の姿勢を示してきた」と述べ、政権交代が実現すれば日中関係はより一層発展すると強調した。同幹事長自身も年に1度は訪中しており、すでに15回の訪中歴があるという。

また、第2次大戦中のA級戦犯が祀られている靖国神社に日本の首相が公式参拝することに中国が強く反発している問題については、「A級戦犯は先の大戦の罪人だ。首相が公式参拝すべきではない」と述べ、チベット問題やウイグル問題については「中国国内の事情だ」とし、「中国への内政干渉は行うべきではない」との見解を示した。(翻訳・編集/NN)


 民主党幹部は、チャイナの共産党独裁政権からそうとう強力な鼻薬をもらっているようです。鳩山民主党代表の"故人からの献金"は、ほんとうはチャイナや朝鮮半島の民族からのものだったのじゃないかと疑りたくなるような、友愛溢れる発言です。
 
 ま、この岡田幹事長と云う人は身内の民主党員との文書による約束も反故にするような、同志愛なんぞのカケラも無い、毛沢東やスターリンと全くおんなじ心の持ち主と云っていいでしょう。
 
 さらに驚いたことに、チベットやウィグル民族の問題はチャイナの国内事情だと申しております。はっきり言いますが、チャイナは尖閣諸島や日本に接している大陸棚も日本のものとは認めていません。さらには沖縄は沖縄民族のものであると称しておりますから、民主党が政権を取ったら、これらの地域にはチャイナの軍隊が縦横無尽に侵入してくることでしょう。

 また、麻生総理大臣も靖国神社参拝を見送ると言っていますから、我が国には愛国心のある政治家はこれらの政党に居ることが出来ないでしょう。
by antsuan | 2009-08-10 21:04 | 政治・経済 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://antsuan.exblog.jp/tb/10088640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。